体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!

「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!

雪空のなか、凛とした姿でキツネのFreyaが見つめる先には何があるのでしょう。フサフサの毛並みに落ちた雪の結晶がキラキラと光る。その姿に、釘付けになってしまいます。

Freyaを撮影し続けているのは、ポーランドで暮らす19歳の大学生、IzaŁysońさん。『National Geographic Poland』に取り上げられた彼女の写真を、気に入った飼い主から撮影依頼を受けたものの、最初は威嚇をされまくり。近づくことも出来なかったのだとか。「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!

(なにアンタ、誰?)

はじめの距離はこのくらい。心の声が聞こえるかのように、遠くからじっと様子をうかがっています。「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない! 警戒している鋭い表情も絵になりますが、季節を越えて撮影を繰り返していくたび、心の距離が近づいていくのを感じることができます。「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!

(あれ、もしかしておやつくれる人なの?)

雪が溶けて暖かくなってきた頃には、ようやく悪い人ではないってこと、わかってもらえたみたいです。「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!

(うーん、お天気って最高!)

夏になると、緑が生い茂る中で外遊びを堪能中。のびのびしている姿も見せてくれるようになりました。「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。