体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニー出身の起業家が語る 松下幸之助の「本当の凄さ」とは

ソニー出身の起業家が語る 松下幸之助の「本当の凄さ」とは

20世紀日本を代表する起業家のひとり、松下幸之助。

いまなお彼の名を冠した書籍は売れつづけている。

また、そうした書籍のなかの言葉に触発され、「尊敬する経営者」として彼の名前をあげる起業家も少なくない。

『事業に失敗しないための 起業家宣言』(こう書房刊)の著者で、ソニーマーケティングに29年間つとめた経験も持つ小室雄次氏もそんな起業家のひとりだ。

松下幸之助の「凄さ」とは何なのか。小室氏の実体験もまじえながら語ってもらった。

■周囲を巻き込むために、営業マンが絶対にしてはいけないこと

――本書では、Dean Alfangeという政治家が「アメリカ人であることが意味するもの」と題した文章のなかで書いたとされる「アントレプレナーシップ」の全文を引用・紹介されています。まずは、この文章との出会いがどのようなものだったのかを教えていただけますか。

小室:これはビジネススクールの授業にゲストスピーカーとしていらした、とある大手IT企業の元社長が、講話のなかで紹介していたことがきっかけで知りました。


(本書『アントレプレナー宣言』より全文引用)

――ではなぜ、小室さんにとって、この文章が大切なものになったのですか。

小室:それはやはり、起業家としての心構えが記されている文章だからです。さらにいえば、ここに書かれている言葉一つひとつに、私自身が起業を目的に退職する際、自分に誓った思いが表現されていたように感じました。

――小室さんは本書のなかで、創業後、この文章を幾度となく読み返してきたと書かれていますが、それはたとえば、どのようなときでしたか。

小室:大きな商談のプレゼンがあるときなど、当日の朝にこれを読むことが多かったです。

「自らの権利として、限りなく非凡でありたい」「常にロマンを追いかけ、この手で実現したい」といった刺激的な言葉が散りばめられているこの文章を読むと、やはり気合いが入るので。その習慣は今も変わりません。

ありがたいことに、周りの方から「順風満帆だね」といわれることがあります。でも、私のなかでは、創業してから今日にいたるまで、毎日が不安との戦いでした。

特に最初の2年間は、「自分たちの考えた事業は、ほんとうに成り立つのか」と、常に自問自答していましたから。そういうギリギリの状況にいると、「アントレプレナーシップ」のような言葉がないと身がもたない。この文章にはほんとうに救われました。

――言葉から活力をもらうという意味では、「アントレプレナーシップ」以外に、たくさんの経営哲学書を読んできたとも書かれていました。

小室:これもMBA時代、授業の課題本に指定されたことがきっかけで読むようになったものですが、松下幸之助さんの本は読むたびに「ほんとうに勉強になるな」と感じています。

ソニー時代、ライバル会社の創業者ということもあって、松下幸之助さんの本を手にとることはありませんでした。でも実際に読んでみると目から鱗の内容で、起業家としての生き様を教えてもらえた。

それと、松下さんの本を読んでいると、ソニー時代に、「松下はトップの意思が組織の隅々までちゃんと行きわたっているなあ」と感じたことを思いだしたりもして。

――松下電器(現パナソニック)のどんなところを見て、「松下幸之助さんの意思が、組織の隅々まで行きわたっている」と感じたのですか。

小室:インタビューの前半で、ソニー時代、量販店相手の仕事をしていたという話をしましたが、そのころ担当していた業務のひとつに「看板がえ」というものがありました。

これは、東芝、日立、三菱などの看板をかかげて営業している地域の電気店に営業をかけ、ソニーの看板にかえもらうという仕事で、いま挙げたようなブランドはこちらが本気になって営業すれば、たいてい口説き落とせたんです。

でも松下系列の電気店だけは、なんど足を運んでも絶対に口説き落とせなかった。そのときですね、「幸之助氏の意思が、隅々まで行きわたっている」と思ったのは。

――ではなぜ、松下電器ではそのようなことが可能になったのだと思いますか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。