ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

オレリー・デュポン新芸術監督率いるパリ・オペラ座バレエ来日公演がスタート、「新たな世代のダンサーたちを紹介できる良い機会」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オレリー・デュポン新芸術監督率いるパリ・オペラ座バレエ来日公演がスタート、「新たな世代のダンサーたちを紹介できる良い機会」

 昨年パリ・オペラ座バレエ団芸術監督に任命されたオレリー・デュポン率いる新生パリ・オペラ座バレエ団が、ついに来日する。デュポン氏にとっても芸術監督として初めてのツアー。記者会見では監督自ら、来日ツアーへの意気込みを語った。

オレリー・デュポン 写真

 デュポン氏は芸術監督のオファーを受けてから受諾するまでに、どのように自分がこのカンパニーを率いたいか非常に長い時間考えたという。そして「クラシックの演目に敬意を払うこと、バレエ団のクオリティに注意を払うこと、ダンサーがコンテンポラリーに開いた存在であることに留意したいと思った」と語った。

 特にデュポン氏はコンテンポラリーを重視する姿勢について、長いパリ・オペラ座バレエ団でのキャリアを通してコンテンポラリーの振付が大きな意味を持つものだったと語り「複数の言語を操る人間のように、ダンサーはコンテンポラリーの振付にも開いた存在であるべきで、様々なインターナショナルな振付家とコラボレーションすることで、観客に現在のダンスに対する視線を与えることができ、またダンサー自身も成長していくものだと考えている」と熱を込めた。

 今回の来日演目について、自身の選定となるのは2017年9月以降のものになると断った上で、『ラ・シルフィード』、『グラン・ガラ』テーマとヴァリエーション、『ダフニスとクロエ』『アザー・ダンス』の演目を紹介。前監督である振付家バンジャマン・ミルピエが、オレリー・デュポンとエルヴェ・モローのペアで振り付けた『ダフニスとクロエ』日本初演では、自身もクロエとして舞台に立つ。

 「芸術監督としての重要な仕事の1つにエトワールの任命があります」と語り、昨年12月に新しいエトワールにレオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェの2人が任命され、このツアーにも参加することが告げられた。特にルーヴェは『ダフニスとクロエ』でデュポンの相手役を務めるという重責を担う。今後エトワールの引退が重なると予想される中、決して人選を誤ってはいけないと語り、大きな使命感を感じさせた。

 「皆さんにすべての新たな世代のダンサーたちを紹介できる良い機会であることをお伝えします」と、新生パリ・オペラ座バレエ団としての来日ツアーの意気込みを感じさせた。来日ツアーは3月2日に初日を迎える。

◎公演情報【パリ・オペラ座バレエ団】
「ラ・シルフィード」3月2日(木)~5日(日)
「グラン・ガラ」3月9日(木)~12日(日)
東京文化会館
入場料:S席27,000円、A席24,000円、B席21,000円、C席17,000円、D席13,000円、E席9,000円

関連記事リンク(外部サイト)

オレリー・デュポン新芸術監督による新生パリ・オペラ座バレエ団がいよいよ来日
ロホ率いる新生イングリッシュ・ナショナル・バレエ団、海賊・コッペリアで日本上陸
ワジーエフ率いる新生ボリショイ・バレエ、「ジゼル」「白鳥の湖」「パリの炎」来日公演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。