体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

事前情報はほとんどなし!アフリカ南部にある未知の王国「スワジランド」に行ってみた

事前情報はほとんどなし!アフリカ南部にある未知の王国「スワジランド」に行ってみた

世界一周中の第93回ピースボートから、林仁美さんにレポートして頂きました!

あまり日本人に馴染みのない「スワジランド」というアフリカの国ですが、こういった国にも訪れることができるのがピースボートの大きな魅力の一つかもしれません。

 

アフリカ上陸2日前に決まった「スワジランド」行き

ピースボート第93回クルーズには、水先案内人として歴史などに詳しい「片岡英夫さん」という方が乗っています。日本人として唯一、世界遺産マイスターと海外・旅行地理名誉博士の2つの検定のタイトルを持っている人物です。

船内では、周る国々を中心に世界遺産を楽しく学ぶ講座を16回以上にわたって開催している旅の先生。そんな片岡さんは、スワジランドというマニアックな国を幼少の頃から気になり、いつか行ってみたいと思っていたそうで、「誰か一緒に行かない?」と船内で希望者を募っていました。

参加には条件があり、モザンビークのマルチプルビザを持っていること。

 

つまり船がモザンビークに入るときと、一度出国して、もう一度入る時の2回、入国できるビザを持っていないと参加できなかったのです。私は、寄港地であるモザンビークのマプトから南アフリカ共和国に入る「クルーガー国立公園」のツアーに申し込んでいたので、マルチプルビザを持っていました。

しかしマプト到着の2日前に、船内で知り合った方から「スワジランドに行く」という話を聞いて、その日のうちにスワジランドに行くことに決めました。行ったことがない国だし、面白そうだし、旅慣れた片岡さんがいるなら大丈夫そうだと思ったからです!

ツアーで「ここに行く」と決まったところに行くよりも、冒険を選びました。

 

片岡さんが持っていたスワジランドについての前情報は、「スワジランドは、国境の8〜9割が南アフリカ共和国に接していて、残りがモザンビークに接している。そのスワジランドには、南アフリカ共和国よりもマプトからのほうがアクセスしやすい」ということ。つまり、1泊あればいけるという情報をつかんでいました。

スワジランドという未知の国を自分たちの目で見に行く、という旅が始まりました。

「面白いかどうかわからないよ」って片岡さんは言ったけど、面白くないかもしれないリスクよりも好奇心が勝りました。

 

モザンビークのマプトからバスで入国

マプトに到着し街中に出ると、1人の男性が声をかけてきました。バス停まで案内をし、交渉もしてくれます。片岡さんがスペイン語を駆使してコミュニケーションをとり、バス停まで連れていってもらいました。乗るまでに値段交渉も含め約30分。

その男性とはバス停でお別れ。「1ダラー1ダラー」と言う男性に対し片岡さんが1ドルを渡すと、そのまま去っていきました。

 

バスに乗ってもすぐに出発するわけではなく、乗客が満員になるまで待ちます。しばらく待ち、いよいよ人数が揃ったので出発!バスで国境を越えるので、一度パスポート回収されます。番号などを控え、パスポートはその後しばらくして返却されました。

 

1時間半ほど走ったところで、出国審査と入国審査をするため一度バスを降車。出国審査も入国審査も簡単で、5分程度で済みます。国境越えは徒歩で向かい、両国の審査官はどちらも丁寧な対応でした。

スワジランドに入るとモザンビークよりも道路は整備されていて、「発展しているように感じる」と片岡さん。

 

今回の一番の目的はスワジランドに行くということ。入国したところで一つ目の目的は果たしたので、次のミッションに照準を合わせます。それは、モザンビーク国境に近いフラネ国立公園でサファリツアーをすること。フラネ国立公園に行くにはバスを乗り換えなければならず、途中で降りてフラネ行きのバスを待ちます。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。