ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おいしさ再発見!プリン好きにとって至福の一年がスタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

牛乳、卵、砂糖、カラメル、そしてほのかなバニラの香り。厳選した5つの原料で丁寧につくられるモロゾフ「カスタードプリン」が、今年、発売55周年を迎える。

55周年を記念して、“プリンのおいしさ、再発見”をテーマに、カスタードプリンを支える5つの厳選素材にスポットをあてた「カスタードプリン」シリーズを順次発売することがわかった。

「カスタードプリン」が誕生したのは1962年(昭和37年)、東京銀座にほど近いモロゾフのカフェ。

当時の従業員がオリジナルメニューとして1日数十個ずつプリンを焼き始めたのがはじまりだったという。6年後の1968年(昭和43年)、工場での生産を開始。広く販売されるようになった。

誕生から55年。今回、記念商品第1弾として登場するのは、“たまご”にこだわったカスタードプリン。

鶏に与える飼料にこだわった千葉県産たまご「燦然(さんぜん)」を使用し、コクがあり、たまごの風味豊かなプリンに仕上がっている。「55th カスタードプリン(こだわりたまご)」は、3月4日(土)~4月16日(日)までの期間限定販売。価格は378円(税込)。なくなり次第終了となるため、なる早で手に入れたい。

これから順次、新しい味が発売されるから、プリン好きには忙しい一年になりそう。定番の「カスタードプリン」との食べ比べてみても面白そう!第2弾の登場が今から待ち遠しい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。