ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

シャーリーズ・セロン、米ユニバーサルのスパイ・スリラー映画『Need to Know(原題)』に出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シャーリーズ・セロンは米ユニバーサル・ピクチャーズのスパイ・スリラー映画『Need to Know(原題)』に出演し、プロデュースも行う。

ユニバーサルは、CIAのアナリストだった作家カレン・クリーブランドの最新小説を映画化する権利を取得した。まだ出版されていないこの作品は、妻であり母親であるCIAのアナリストの女性が、米国に潜伏中のているロシア人工作員を探している際に、彼女自身や家族が危険に晒されていくというストーリーだ。

セロンは、制作会社デンバー&デリラ・フィルムズを通じ、ベス・コノとA・J・ディックスと共にプロデュースする。ユニバーサルのクリスティン・ ロウは同スタジオの監修を担う。

セロンの最新作としては、4月14日(現地時間)に公開予定のユニバーサルの映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』と、7月28日(現地時間)に公開予定のフォーカスのスパイ・スリラー 映画『Atomic Blonde(原題)』が控えている。セロンが出演、プロデュースする『Atomic Blonde(原題)』は、ジェームズ・マカヴォイ、トビー・ジョーンズ、エディ・マーサン、ソフィア・ブテラ、ジョン・グッドマンが出演し、映画『ジョン・ウィック 』のデヴィッド・リーチが監督する。

また、セロンはジェイソン・ライトマン監督のコメディ映画『Tully(原題)』に出演する。マッケンジー・デイヴィス、マーク・デュプラス、ロン・リヴィングストンらが出演する。昨秋、カナダのバンクーバーで撮影を開始したが、公開日はまだ決まっていない。

WMEがクリーブランドの代理人のザ・ガーナート・カンパニーのデヴィッド・ガーナートと取引を仲介した。セロンはWMEとハンセン・ヤコブセンと代理人契約を結んでいる。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。