ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】Kis-My-Ft2のトリプルA面SGが15万枚超で現在トップ、E-girls派生ユニット“スダンナユズユリー”は4位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【先ヨミ】Kis-My-Ft2のトリプルA面SGが15万枚超で現在トップ、E-girls派生ユニット“スダンナユズユリー”は4位に初登場

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年2月27日~3月1日までの集計が明らかとなり、Kis-My-Ft2『INTER』(Tonight / 君のいる世界 / SEVEN WISHES)が15万枚超を売り上げてトップに立っている。

 グループ通算18枚目のシングルとなる本作は、自身初のトリプルA面シングル。さらに、収録3曲すべてにCMタイアップがついており、「Tonight」は第一興商『LIVE DAM STADIUM』CMソング、「君のいる世界」はコーワ『ホッカイロぬくぬく当番』CMソング、「SEVEN WISHES」はJR九州『新しい7つの長崎へ KISS MY NAGASAKI』キャンペーンCMソングにそれぞれ起用されている。5月から8月にかけては、横浜アリーナ5daysを含む大規模な全国ツアーを控えるKis-My-Ft2だが、このトリプル・タイアップ効果で、ライト層へのさらなる訴求が期待できるものと考えられる。

 2位には、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSシリーズの最新作が登場。約6千枚差で3位に入ったのは、フェアリーズ14枚目のシングル『Synchronized ~シンクロ~』となった。続くスダンナユズユリーは、E-girls兼HappinessのYURINO、須田アンナ、そしてE-girlsの武部柚那の3人からなるヒップホップ・ユニット。1Vo/2MCというスタイルでメンバー自らが作詞、振付を担当したデビュー・シングル『OH BOY』が4位に初登場している。

 5位のSILENT SIREN『フジヤマディスコ』は、EMI Records移籍第1弾リリースとなるもので、このシングルからバンドロゴも全て大文字へと一新。さらに、メンバー・セレクション・アルバム『Silent Siren Selection』が同時リリースされており、こちらは現在7位にチャート・イン。6月からスタートする、日本武道館2daysを含む5周年ツアーに向けて、好調なスタートを切ったといえる。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2017年2月27日~3月1日までの集計)
1位『INTER』(Tonight / 君のいる世界 / SEVEN WISHES) Kis-My-Ft2 151,068枚
2位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 09 ラブレター』島村卯月(大橋彩香)、小日向美穂(津田美波)、五十嵐響子(種崎敦美) 29,495枚
3位『Synchronized ~シンクロ~』フェアリーズ 23,036枚
4位『OH BOY』スダンナユズユリー 17,941枚
5位『フジヤマディスコ』SILENT SIREN 14,713枚

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】EXILE THE SECOND、本格始動後初ALがトップ 人気ゲームサントラが後追う
SILENT SIREN、新SGリリース記念のLINE LIVE配信
SILENT SIREN、新曲のジャケット写真公開 テーマは“ロックとポップの融合”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。