ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

TAKURO(GLAY)1stソロツアーも大盛況! “人生に地図なんて無い”その先にみえた一つの答えとは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
TAKURO(GLAY)1stソロツアーも大盛況! “人生に地図なんて無い”その先にみえた一つの答えとは

 TAKURO(GLAY)が、昨年末にリリースした初のソロアルバム『Journey without a map』を引っさげて全国9か所、15公演にてライブツアー【Journey without a map 2017】を開催。そして2月28日、Zepp Tokyoにて千秋楽を迎えた。

TAKURO【Journey without a map 2017】写真

 GLAYサウンドとは打って変わり、ジャジーでブルージーなアルバム『Journey without a map』。ライブでもTAKUROの奏でる美しいギターの音色で会場はジャジーな空気に包まれていた。また訪れた地域で、所縁のあるアーティストと行ったサプライズセッションもこのツアーの魅力であった。

 ツアーがスタートして2公演目の品川ステラボールでは、GLAYの相棒 HIASHIがゲスト出演。その後、岸田邦雄、清水末寿、真鍋吉明(the pillows)等とのセッションを経て、最終日前日のZepp Tokyo公演には、TAKURO自身が尊敬してやまない先輩 SUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)がサプライズ登場した。ソロアルバムの特典DVDにも収められているが、TAKUROにとってSUGIZOは自身のギターヒーロー。そんな彼と共にプレイ出来る事を「人生に地図は無い。でも、こうして共に演奏出来た事で自分は間違っていなかったと感じます」と語る。

 ツアーでは常々「人生に地図なんて無い」と語っていたTAKUROだが、全15公演をやり遂げて彼が辿り着いた答えは「地図の無い人生で困ったらどうすればいいか、それは大切な仲間に頼ること。彼らがいたからここまで来れた。」と、ソロ活動を通して改めてGLAYの絆を感じていた。そんな想いを込めてライブの最後に演奏した、アルバムタイトルにもなっている「Journey without a map」。激しくも切ないこの楽曲は、まさにTAKUROの人生を物語っているかのようであり、会場を熱い空気が包みながらライブは幕を閉じた。

 TAKUROが歩んだ「地図無き音の旅」は自分自身の音を見つめ直すと同時に、GLAYの大切さを感じる旅にもなったのである。

 4月からツアーが決まっているGLAYだが、この旅を終えたTAKUROがどんな音を聴かせてくれるのか今から楽しみだ。

◎セットリスト
【Journey without a map 2017】
2月28日(火)Zepp Tokyo
01. 夢の途中に
02. Lullaby
03. Autumn Rain
04. Istanbul Night
05. Francis Elena
06. Fear&Favors
07. Guess Who
08. RIOT
09. 流転
10. 函館日和
En1. Northern Life
En2. Journey without a map

◎リリース情報
アルバム『Journey without a map』
2016/12/14 RELEASE
<CD+DVD盤>
PCCN-00025 3,500円(tax out.)
<CD only盤>
PCCN-00026 2,500円(tax out.)
<初回生産限定 アナログ盤>(重量盤2枚組)
PCJN-00001 4,000円(tax out.)

◎GLAY ツアー情報
【GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-】
4月14日(金)島根 芸術文化センター「グラントワ」
4月16日(日)鳥取 米子コンベンションセンター BiG SHiP
4月19日(水)兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
4月20日(木)兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
4月25日(火)石川 金沢歌劇座
4月27日(木)長野 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
5月2日(火)茨城 茨城県立県民文化センター
5月4日(木・祝)栃木 足利市民会館
5月9日(火)北海道 釧路市民文化会館
5月11日(木)北海道 北見市民会館
5月15日(月)千葉 市川市文化会館
5月16日(火)千葉 市川市文化会館

関連記事リンク(外部サイト)

GLAY 4月よりライブツアー全10か所12公演の開催決定
DAIGO×TERU(GLAY)ツーショット公開「嬉しうぃっしゅ!!!」
SUGIZO、慶大大学院にて元大臣らと2020年の未来を描く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。