ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

もっちりネバリのある昔ながらの「きび餅」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3月1日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、箱根から伊東まで戦国武将が愛した温泉地を巡る旅の中で、太川陽介さんが「熱海・本家ときわぎ」(静岡県熱海市)を訪れた。JR伊東線来宮駅から歩いて約10分程の所にある同店は、大正7年(1918年)に創業した趣のある佇まいの無添加にこだわる手作り和菓子のお店だ。

創業当時からあるという「きび餅」はネバリのあるふわっとしたやわらかで弾力のある食感が特徴の和菓子だ。北海道産のきな粉や新潟産の白玉粉、九州のきび粉などを使用して作られている。

運ばれてきた「きび餅」を楊枝で触った太川陽介さんは「うわ、何とも言えない良い弾力ですね。本当に言葉通り、もちもち」とコメント。感触を確かめてからぱくりと一口いただくと「あー、おいしい。餅の感じといい、きびの粉の甘味といい、すごいなんか上品。もう終わっちゃいました。おいしいですね!」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ときわぎ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:熱海のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:熱海×カフェ・スイーツのお店一覧
米粉を使った彩りメニュー「和ふたぬーんてぃせっと」
だし巻き玉子と辛子マヨネーズの「玉子サンド」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。