ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【寄稿連載】第四話 ホームレスとアルミ缶

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ホームレスのおっちゃんの溜め息

今回は松田良一さんのブログ『ホームレスのおっちゃんの溜め息』からご寄稿いただきました。

第四話 ホームレスとアルミ缶

携帯電話を探しに、公園のおっちゃんたちのいるテントへ向かった。そして俺はそのおっちゃんの一人、黒さんと会ったのである。本当は黒田さんと言う名前らしいが、皆は黒さんと呼んでいた。

よく見ると黒さんは自転車に乗っている。その荷台には大きなナイロン袋に入ったアルミ缶が2つ括り付けてある。自転車の前の籠にも一袋載っていた。
そう、黒さんはアルミ缶を集めて、それを売って生活しているのである。ホームレスが一番やっているのが、このアルミ缶集めといってもいいのではないだろうか。

これは元手がかからない。しかも、その日のうちにお金に換えられる(中には週に三回くらいだけ変えられるところもあるが)。
しかし、この仕事も大変なところがある。黒さんみたいに自転車があれば、広範囲に探しに行けるからいいのだが、最初は歩いて探さなくてはならない。どこでも適当にアルミ缶を探して取ってきてもいいのだが、一人一人テリトリーが決まっていて、勝手に取って来れないところもある。
しかし、やはり基本的には早い者勝ちなのである。

後は時間帯を変える手もある。
大抵の人は夜(特に夜中から明け方にかけて)集める人が多いのである。だから、中には逆に朝から夜に掛けて集めるようにしている人もいる。

その他にはマンションの管理人さんと仲良くなって、アルミ缶の出る日に定期的に取りに行っている人もいる。しかし今は分別回収が進んでいて、所定の業者が回収に来るので集めにくくなってきている。

それに、昔に比べてアルミ缶の値段もだいぶ下がってきているのである。特に北京オリンピックの時などは1キロ170-180円位まで上がったのだが、その後150円くらいまで下がって、リーマンショックの後は1キロ70円位にまで落ちたのである。今は少し回復して110円から120円くらいまで上がってきている。
でも70円位まで下がった時に、アルミ缶集めを止めてしまった人もいたらしい。
それにアルミ缶は、夏は多いが冬は少なくなって、一年を通して安定した収入はなかなか見込めないのである。

黒さんはこのアルミ缶集めを、もう三年ぐらいやって生活しているらしい。黒さんは夜中から明け方まで回って一回で15キロ位集めている。しっかりとしたテリトリーを持っているのだろう。

黒さんは俺をじーっとみながら、ゆっくりと自転車を押してテントの横に止める。俺はしばらくの間黙って見ていたが、思い切って黒さんに携帯電話のことを聞いてみた。
黒さんは俺の話を聞いてないように、黙ったまま自分のテントに入っていく。俺は無視されたのかと思ったが、しばらくすると黒さんは一枚のメモを持って出てきた。

続く

執筆: この記事は松田良一さんのブログ『ホームレスのおっちゃんの溜め息』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。