ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、シャープ製「AQUOS PHONE 102SH」のソフトウェアアップデートを開始、バッテリー消費を改善

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクがシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE 102SH」のソフトウェアアップデートを本日1月26日より開始しました。今回は、102SHのバッテリー消費の改善がアップデートにおける主な変更内容と案内されています。更新ファイルはネットワーク経由(3G/Wi-Fi)で配信されており、102SHの設定画面を表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「ソフトウェア更新」→「今すぐダウンロード」から手動で即時アップデートを実施することもできます。アップデート後のソフトウェアビルドは「S0018」と表示されます。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、シャープ製「AQUOS PHONE slide SH-02D」のソフトウェアアップデートを開始、フォント変更時の不具合に対処
米Sprint、ZTEの7インチHoneycombタブレット「Optik Tablet」を2月上旬に$99で発売
ディズニーモバイルがスマートフォン新機種「DM012SH」を発表、2月中旬に発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。