体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モーニング娘。’17 13期がデビュー戦から覚醒! そして天才まーちゃん活動再開へ「優樹はモーニング娘。に戻ります!」(ハロプロ’17連載vol.1)

エンタメ
モーニング娘。’17 13期がデビュー戦から覚醒! そして天才まーちゃん活動再開へ「優樹はモーニング娘。に戻ります!」(ハロプロ’17連載vol.1)

 モーニング娘。’17、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、ハロプロ研修生が一同に会し、1月2日より全国各地で開催された【Hello! Project 2017 WINTER】。全公演が終了したこのタイミングでハロー!プロジェクト各グループのアクトを振り返りつつ、その凄みについて連載形式で記したい。

モーニング娘。’17 キュートなライブ写真一覧

<先達から受け取ったタスキを強く強く握り締め、新たな時代へ>

 同公演は【Crystal Clear】【Kaleidoscope】と内容の異なるステージが2パターン用意され、各グループのパフォーマンスはもちろん、ここでしか観れないシャッフルユニットによるアクトも用意。また、6月で解散する℃-uteが自身の活動に専念するべく不参加、同じく6月で卒業/引退する嗣永桃子(カントリー・ガールズ/Buono!/Berryz工房)にとっては最後のハロコン、そしてハロー!プロジェクト新リーダーに和田彩花(アンジュルム)、サブリーダーに譜久村聖(モーニング娘。’17)が就任して初の公演ということもあり、約20年にわたるハロプロの歴史がまたひとつ大きく変わっていく、その象徴的な通過儀礼とも言えた。

 ℃-uteやももちを長く追い続けている者からすれば、寂しさや切なさも感じるハロコンだっただろう。しかし、過去すべての卒業や解散といった激変がそうであったように、彼女たちは寂しさや切なさが伴う大きな変革期にこそ輝きを増す。「これからは私が、私たちが」といった想いと共に進化を遂げる。それこそ1年前の1月2日、モーニング娘。の石田亜佑美が「鞘師さん! 石田、頑張って受け継ぐんで、今から踊りますね!」と想いながらソロダンスパートを継承(http://bit.ly/1OKFQBc)し、涙を誘ったように。敬愛する先達から受け取ったタスキを強く強く握り締め、新たな時代へと立ち向かう。

 ゆえに【Hello! Project 2017 WINTER】は凄かった。1月2日【Crystal Clear】@中野サンプラザ、2月18日、19日【Kaleidoscope】@大阪オリックス劇場、以上3公演を体感する機会に恵まれたが、いずれも各グループ/メンバーの強い意志や気概が感じられ、同時にドラマティックなセットリストの妙もあり、そして相変わらずハロプロが大好きで仕方ないオーディエンスたちの愛ある歓声に包まれ、幾度となく目頭が熱くなった。前フリから長く暑苦しい内容になってしまったが(取材対象が熱いんだもの!)、ここから同公演の各グループのアクトと凄みについて伝えていく。

<(完全形態ではない)モーニング娘。’17の輪郭を美しく描いた新メンバー>

 今回のハロコンでは、℃-ute以外にも不参加のメンバーが2人いた。1人はパニック障害による休養(http://bit.ly/2iFHMCb)で1/11以降の公演を離脱することになった相川茉穂(アンジュルム)。もう1人は腰椎椎間板ヘルニアで活動休止することになった佐藤優樹(モーニング娘。’17)だ。天然で無邪気な言動で愛され、天才的なセンスとパフォーマンススキルで観る者を度々驚かせ、無意識なムードメーカーとしても強烈な存在感を放ってきたまーちゃんの不在。ファンが衝撃と動揺を隠せなかったのは無理もなく、ということは共に活動してきたメンバーのソレはもっと大きなものであったと思うが、それでもモーニング娘。は彼女の帰りを信じながら、1人足りない状態のまま’17最初のステージに立つことになった。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会