体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseがコアなファンが集まるジムニー専門店に突撃!

▲「ジムニーはずっと乗ろうと思っていて手が出せていない車。そろそろ本気で考えないと!」というわけで、Boseさんがジムニー界の有名ショップに突撃です!

▲「ジムニーはずっと乗ろうと思っていて手が出せていない車。そろそろ本気で考えないと!」というわけで、Boseさんがジムニー界の有名ショップに突撃です!

ランクルとジムニー。本気系SUVの両翼が所狭しと並ぶマニアック店

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行きます!

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):Boseさん、今回は軽自動車、そしてSUVの名車であるスズキ ジムニーですね。

Bose:ジムニーは中古車で楽しみたい人にとって避けては通れないからね。しかも軽で遊びたい人、SUVを楽しみたい人、アウトドア好き、オシャレに乗りたい人……といろんな嗜好の人を満足させる。懐が深い車だよ。

ゆきだるま:ちなみにカーセンサーnetには現行型が約2000台(2017年2月10日時点)掲載されていました。

Bose:現行型といってもデビューは18年以上前。これだけ長い間大きなモデルチェンジをせずに作り続けられているってすごいよ!

▲石塚社長はもともとランクルを中心に扱っていたけれどジムニーの魅力にもどっぷりはまり、今は二つの看板を掲げています

▲石塚社長はもともとランクルを中心に扱っていたけれどジムニーの魅力にもどっぷりはまり、今は二つの看板を掲げています

石塚社長:Boseさん、いらっしゃいませ。Boseさんはジムニーも好きなんですか?

Bose:大好物です(笑)。実はジムニー工房には何度か偵察に来ているんですよ。

石塚社長:それは嬉しいなあ。うちはRV FACTORYというランクルを中心に扱う4×4ショップで、ジムニー工房はもともと別の方がやられているお店だったんです。近所ということもありジムニー工房の社長とは仲がよかったのですが、ある日、社長がリタイアすると。その話を聞いたとき、僕は思わず「看板がもったいないじゃないですか!」と言ったんです。そうしたら社長が「だったら石塚君がやる?」と言われて。それで両方のお店をやることになりました。今はジムニー工房をRV FACTORYの敷地内に移転させたので、店頭にはランクルとジムニーが並んでいます。

Bose:それで大きいのから小さいのまであるんだ。ランクルもコアなファンがたくさんいるからね。

▲20年以上前の軽自動車がいまだ現役! ジムニー工房では現行型以上に人気があるそうです

▲20年以上前の軽自動車がいまだ現役! ジムニー工房では現行型以上に人気があるそうです

石塚社長:さきほどJB23(現行型ジムニー)の話をしているのが聞こえましたが、うちだと置いていてもあまり売れないですね(笑)。ほとんどのお客さんは、昔のジムニーに乗りたくて来てくれるんですよ。

Bose:JA12やJA22(ともに先代ジムニー)ですか?

石塚店長:はい。「四角いジムニーがカッコいい!」とね。JB23は市場にたくさんあるから、たまに頼まれたときは色は何色がいいか、ATとMTどちらに乗りたいかなどをリサーチして、お客さんと一緒に探したりしています。

四角いジムニーに乗りたいなら、ボディを入念にチェック!

Bose:ジムニーは先代もまだかなり市場に残っているんじゃないですか?

石塚店長:確かに年式を考えたら流通台数は多いと思います。でも状態のいいものはだいぶ見つけにくくなりました。例えばエンジン。先代ジムニーには2種類のエンジンがあって、商用モデルのJA12にはスズキが長く使っていたF6Aが搭載されています。これは比較的丈夫なんですが、乗用登録のJA22にはツインカムのK6Aエンジンが載っています。これはツインカムの初期型になるため、ガスケットが吹き抜けやすいんですよね。うちでは走行距離11万kmを超えたものはすべてオーバーホールしています。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。