ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

強風でもこわれない! 常識を覆す傘って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

強風でもこわれない! 常識を覆す傘って?
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。3月1日(水)のオンエアでは、オールプラスチックの傘「+TIC」を紹介しました。

プラスマイナスの「プラス」に「TIC」で「+TIC」(プラスチック)。傘メーカーのサエラが環境にやさしい傘を作ろうと企画した商品で、「プラス」には、雨の日が楽しくなるようにという思いが込められているそうです。

強くてしなやかで100%リサイクル可能というプラスチックの特性を活かし作られたこの傘について、株式会社サエラ代表取締役、山本健さんは「元々安価な素材で、大量生産する目的で作られたプラスチックですが、一番気にしたのは、上質感をもってそれなりのクオリティを維持できるか、でした」と語ります。

+TICはプロダクトデザイナーの柴田文江さんにデザインを依頼し、ハンドルから棒先まで一対になった一体感のある形状が上質感を生み出しています。また、傘を閉じる手元のはじきがないので安全に開け閉めできることや、一般的なビニール傘では骨やはじきに使用されている金属が一切ないため、錆びないそうです。生地が破れたら張り替えることまでできます。

壊れやすいと言われているビニール傘のマイナス面にも対応。風になびかせて抵抗をやわらげる「なびかせ、受け流す」部分に注力し、抵抗しない分、風速30メートルでもしなって壊れない傘に。

「ビニール傘の常識をくつがえし、新しい傘の文化をデザインしたい」という思いで+TICを開発したという山本さん。「傘メーカーとして、量産体制の中で使い捨てをしていくという構図を、みんな、決して良いと思ってないと思うので、良くないことをさらに延々とやっていくことを止めないといけない。その中から改めて『良いもの作り』を作り出して、消費者が本当に使ってよかったと思える商品を作ることが、僕らのポジションだと思います」と語っていました。

まるごとリサイクルできる+TIC。傘の生地は、細かいボーダー柄のカラーライン5種類と、ドットやチェック柄が楽しめるグラフィックラインの5種類で、値段は3500円。渋谷の直営店「サエラショップ」やオンラインでも購入できるので、気になった方は是非チェックしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。