体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス人はフランス語しか話さない?海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【1】

TABIZINEライターのあやみです。海外旅行をしている人たちがまことしやかに囁いている噂ってありますよね。そんな噂が本当なのか、確認してみたいと思いませんか? そこで筆者が実際に旅先で遭遇した出来事からそれらの噂が本当だったのかどうかお伝えしたいと思います。

フランス人に関するさまざまな噂

フランス人はフランス語しか話さない?海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【1】

フランス人に関する良い噂ですと、「芸術性が高い」、「洗練されている」、「倹約家である」などでしょうか? 確かにパリにはルーブル美術館などがあり、フランス人はアートに関しては感度が高そうです。またフランスブランドは高価なものが多いのですが、そのぶん洗練されたデザインで年齢問わず身に付けることができる印象。そしてフランス人は勝手なイメージですがおしゃれ上手な気がします。少ない枚数の服をうまくまわして着こなしていそうです。

また悪い噂ですと、「ケチでプライドが高い」、「たとえ英語ができたとしても、フランス語を話す」、とよく耳にします。

しかし、そんなフランス人に関するさまざまな噂を耳にしていたものの、フランス人と直接接する機会がほとんどなく、噂が本当なのかどうか確かめることができませんでした。

ですが、友人とロンドンを訪れたとき、フランス人のある噂が本当だったと知ることになるのです。

ロンドンで体験した出来事とは?

フランス人はフランス語しか話さない?海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【1】

筆者がロンドンを訪れたのは、1月1日の元旦でした。この頃、ロンドンではセールを行っていて、日本ではあまり見かけませんが一流ブランドも30パーセントオフ〜半額でセールしていました。

そこで友人とせっかくはるばるロンドンまで来たのだから、セールで一流のものを自分用のお土産として購入しようという話になり、翌日の1月2日にさっそくショッピングに出かけることに・・・。

フランス人はフランス語しか話さない?海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【1】

ピカデリーサーカス駅から数分歩いた場所にある「オールド・ボンド・ストリート」でショッピングをスタートした友人と筆者。プラダ、ルイ・ヴィトン、ティファニーなど、気になるブランド店をまずはウィンドウショッピング。自分用の奮発したお土産購入ということで、気合いを入れてブランド小物を見ていました。

そんなとき、友人が「ディオールないよね? アクセサリー欲しい」と言い始めたのです。そこでクリスチャン・ディオールのショップを二人で探すことに・・・。しかし、15分ほど探し回ってもディオールの路面店が見つからず、仕方ないので、道行く人にクリスチャン・ディオールのショップの場所を拙い英語で聞くことにしました。

しかし、当時はどの人に聞いても「ハロッズにあるかも」、「ごめんなさい。わからない」という答えで、路面店の場所は不明でした。一度探し始めたら、どうしても見つけたいという気持ちになった筆者たちは、それでも諦めずに、道行く人にひたすらディオールのショップの場所を聞きました。

前からモデルのような女性が歩いてきて

フランス人はフランス語しか話さない?海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【1】

いよいよ疲れ始めた時、前から長身のファッショナブルなモデルのような女性が歩いてきました! あの人なら知っているに違いないと確信し、すかさずその人に歩み寄り「Excuse me.Where is Christian Dior shop?」と、なんとも単純な英語で聞いたところ、その女性はフランス人でした。

おそらく中学生レベルのとっても簡単な英語は通じていたと思います。ですが、その女性が発した言葉に仰天。すべてフランス語で返事をしてきたのです! しかも雰囲気から察するに、ゆっくりとわかりやすく、丁寧にフランス語で答えてくれました。そのため途中で「フランス語はわからない。英語で話してもらえますか?」とは言えず、わかったふりをしてやり過ごすことに・・・(笑)。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。