体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ひがみ”だけじゃない、若者よ聴け!ハートをえぐる関取花のメッセージソング

2月14日放送の「今夜くらべてみました」(日テレ)の“東京に慣れない女・大都会東京のここが嫌い”というテーマで、まるで芸人さんかと思うほどのトーク力と持ちネタ(?)に大笑いさせられた。

 

その人は、「ひがみソングの女王」と呼ばれ人気急上昇中のシンガーソングライター・関取花(26)さん。番組では、ひがみ・そねみ・ゆがみの目線というか、人間観察眼とツッコミどころが秀逸。

 

Twitterより @dosukoi87

 

例えばどんなことを話したかというと…

 

表参道の美容室のイキがった男性美容師

「おまかせで、流行りの感じで」とお願いしたら、鏡越しに両肩に手を置き、「前髪は、癖があるので」などといいながら、前髪の先端をクシでソロソロソロ~と撫で、「OK!絶対かわいくしますから」って、絶対思ってないのに

 

吉祥寺のお店でオーガニックなものを中心としたランチを食べて

味がボヤッとしてる。「私、優しいでしょ」みたいな味付け。出された小皿が全部小さく、「シルバニアファミリーのご飯みたいでしょ」みたいのがうざくて、うるさい!早く食わせろ! と言いたくなる

 

下北沢の王将前にて

ガードレールに腰掛けタバコをふかす男に対し、「俺達の庭感を漂わせながら、この姿がカッコイイと思って場所に酔っている」。こういう人に限って、「この街は、俺の若い頃と全然変わんないよな」と思っているが、昔と変わっていないことに対しもっと焦るべきだと思う。

 

…といった具合。都会スタイルのディスりというか、雰囲気の勘違いと言うか、このあるある感を本音でズバッと切り捨ててみせ、スタジオの女子に大ウケだった。

 

関取花のひがみ

関取花さんは、横浜市出身で慶應義塾大学卒業という才女。子供の頃にドイツに住んでいたこともあるそうだ。2010年「THE」というタイトルのアルバムをリリースしたのがデビューとなるようだ。基本的にアコースティック・ギター一本で弾き語り、遠くまで聴こえるようなパワフルな声量で歌う。2017年2月15日にニューアルバム「君によく似た人がいる」をリリースしたばかり。

 

彼女の名前が急に知れ渡ったのは、去年、「行列のできる法律相談所」に出演してから。“ひがみソングの女王”として紹介され、その時に歌ったのは『べつに』という曲。

 

 

(歌詞)

なぜだ なぜ君らは
終電間際現れる
なぜだ なぜ君らは
改札前でキスをする

柱の陰に隠れてほしい
できれば家でやってほしい
少しは恥を知ったほうがいい
とりあえず一応見ないふり

べつに べつに べつに
べつに べつに 悔しくない
べつに べつに べつに
べつに べつに 悔しくない

 

「いるいる」「わかるわかる」と言いたくなる。「関取花ってこんなひがんだ歌ばかり歌ってるんだ」と思った人も多いかもしれない。でも、実際「ひがみ」っぽい曲は少ないと思う。“ひがみで作った面白い曲を歌うシンガー”というイメージはちょっと捨ててみて欲しい。(営業妨害になるかな?)

 

関取花のコトバ

彼女がリリースしている殆どの曲の歌詞を読んでみた。その中には、若者へのメッセージソング的なものがいくつもある。恋愛ソングも多い。

 

そんな中、今回は特に10代~学生の若者に読んで聴いて吸収して欲しいと思った数曲をここにピックアップする。

 

世には応援ソングと呼ばれるものがあって、大概“人生いろんなことがあるけれど夢に向かって頑張れ”的な、ポジティブな内容が普通だ。

 

でも、関取花さんは、それって、“簡単に言い過ぎじゃね? 無責任じゃね? ポジティブばかり押しつけてね?” とでも言いたげで、それを時に薄らぼんやり、時にとても直接的な言葉で綴っていたりする。中には、胸の芯をゴリッとえぐってくるような曲もあり、思わず自分をふかんで見直してドキッとした。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。