ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

MWC 2017 : Meizu、3,000mAhのバッテリーをたった20分間でフル充電できる新技術「Super mCharge」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国のスマートフォンメーカー Meizu がバッテリーをわずか 20 分間で 0% → 100% にまで充電できる新技術「Super mCharge」を発表しました。Super mCharge は専用ケーブル(160W まで対応)と 11V / 5A(55W)という高圧・高出力の充電用回路を組み合わせた技術で、3,000mAh のバッテリーの場合、開始 5 分で 30%、10 分で 60%、15 分で 85%、そして、20 分も経たずして 100% まで充電できるとされています。現在広く普及している Quick Charge 3.0 の場合、2,150mAh という少ないバッテリー容量でも開始 20 分では 33% までしか充電できないので、Super mCharge は 4 ~ 5 倍の充電スピードを実現していると言えます。Meizu によると、Super mCharge では 2 つの変換回路グループを使用することで 9% ~ 98% の間で劇的に充電効率が向上したとのこと。これほど高い電力だと発熱が気になるところですが、フルスピードでの充電はバッテリー温度が 38 度 に達するまでで、しきい値を超えると発熱防止のために性能が制限されます。これは Quick Charge 3.0 の 44 度より低く、Meizu は Super mCharge を安全だと主張しています。また、Meizu が行った繰り返し充電のテストでは、3,000mAh のバッテリーで 800 回の繰り返し充電を行った後でも、バッテリー容量は元の 80% 以上を維持していたとして、2 年以上の継続使用も可能だと説明しています。。しかし残念なことに、Meizu は MWC 2017 で Super mCharge を搭載したスマートフォンを発表していません。

■関連記事
OnePlus、OnePlus 3 / 3TでAndroid 7.1.1 Nougatのベータテストを開始
Xperiaの米国モデルで指紋リーダーが無効になっているのは現地での事業継続のために必要なこと。Sony Mobileの幹部が明かす
Pixelパロディ動画のNexus S版が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。