ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

肉の塊がドーン! 砂川市・笑飛巣の「ポークチャップ」がすごい!【北海道】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170203115326j:plain

あのぉ。

「ポークチャップ」って……こんな塊でしたっけ??

鉄板でジューっと登場したのは、

まるで 夕日に照らされたエアーズロック。

赤の大地を思わせるようなソースをたっぷりとまとっています。

北海道砂川市はご当地グルメとして、

マチをあげて「ポークチャップ」をPRしているのですが……。

なんともやりすぎなお店を見つけてしまいました。

笑飛巣(エビス)をご紹介します!

「ポークチャップ」のマップがあるマチ

f:id:mesitsu_lc:20170203115255j:plain

空っぽグーグーの胃袋が、

あと数時間後にはビリッと破けるんじゃないだろうかと心配。

北海道あちこちで食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は札幌と旭川のほぼ中間に位置する「砂川市」にやってきました。

なんでも、「ポークチャップ」に力を入れているマチだというのです。

f:id:mesitsu_lc:20170203115254j:plain

市内の飲食店、20店以上で、独自の「ポークチャップ」が食べられるんですって。

お腹は一つしかありませんからね、困りました。

どこにしようかな~。

ちょっとネットで検索してみると……。

うわ……すごいとこ見つけちゃいました。

ここに向かいましょう。

f:id:mesitsu_lc:20170203115257j:plain

「砂川ポークチャップ」の文字が!

一体どんなお料理なのでしょうか。

それにしても……

f:id:mesitsu_lc:20170203115300j:plain

なんて憎たらしい顔っ!

一見、紳士に見えますが。

ご覧ください、この目を!

この豚、きっと「何か」を知っていますよ。

選んだのはこちらのお店

f:id:mesitsu_lc:20170203140522j:plain

砂川駅からちょっと離れた住宅地にありました。

笑飛巣(エビス)です。

ステキな外観ですね、これは期待が高まります。

f:id:mesitsu_lc:20170203115256j:plain

「ポークチャップ」といえば。

一般的には豚のロースなんかをケチャップのソースで炒めた料理ですよね。

砂川市内の多くのお店が、そのようなスタイルなのですが、

このお店は、量で攻めちゃった のです。

f:id:mesitsu_lc:20170203115304j:plain

店内はオシャレな雰囲気です。

まさかここが戦場になるとは。

店内には、地元の方でしょうか。

パスタやオムライスなどを幸せそうに食べています。

ふっと壁に目をやると……。

f:id:mesitsu_lc:20170203115307j:plain

ははは……。

逃げたいよ~。

厚さ7cm、600gですって。

提供まで20分ですって。

そりゃそうだ、この厚さ!

どうなっても知らないぞ!!

「すいません、『ポークチャップ』お願いします」

f:id:mesitsu_lc:20170203115308j:plain

焼く前の生肉を見せて見せてもらいました。

でかいわ~!!

このあと、これがそのまんま、

胃袋に収まるんでしょ?

あー……怖いです。

f:id:mesitsu_lc:20170203115310j:plain

ジュ~っ!!

熱したフライパンに肉の塊が投入されます。

トングで扱う様子が、まるで筋トレのようです。

f:id:mesitsu_lc:20170203115312j:plain

側面も焼いて、うま味を閉じ込めています。

脂身も豪快だな~。

これは時間もかかりますね。

f:id:mesitsu_lc:20170203115313j:plain

あっ……立った……。

ホエールウォッチングで海面から出てきたクジラのようです。

こら、肉!

フライパンで立ったらダメでしょうが!!

「砂川ポークチャップ」の“定義”とは

f:id:mesitsu_lc:20170215183144j:plain

テーブルにあった、コレの裏に書いてありました。

肉が焼けるまでの間に勉強しておきましょう。

フムフム……

f:id:mesitsu_lc:20170203115320j:plain

砂川市内の飲食店で、

砂川産の食材を1つ以上使用したポークチャップ!

なるほど。

洋食だけではなく、中華やバーガーでもいいんですね。

“定義”を理解できましたよ。

そして何より……

f:id:mesitsu_lc:20170203115319j:plain

この豚の名前もわかりました。

「砂川ポークチャップリン」ですって!

くそっ……豚め!

オシャレな名前をもらってんだな!!

なんでも着ぐるみマスコットもあり、

イベントの際には登場するそうです。

見たいぞ!

一緒に写真、撮りたいぞ!

そうこうしていると、お肉が焼けたようです。

圧巻の大きさに震える

f:id:mesitsu_lc:20170203115329j:plain

▲ポークチャップ シングルセット 1,650円

いや~、すごいです。

焼いてちょっと小さくなるかなって思いましたけど、

全然変わっていませんね。

ライスとサラダ、スープもつきます。

f:id:mesitsu_lc:20170203115325j:plain

まるでエアーズロック!

オーストラリアにある一枚岩。

夕日に照らされた赤土色のアレのようです。

これは……思っていた以上に手ごわそう……。

f:id:mesitsu_lc:20170203115332j:plain

断面が……広い!

ギコギコ……。

ギコギコ……。

やっと半分。

ギコギコ……。

ふー、やっと切れました。

f:id:mesitsu_lc:20170203115333j:plain

お肉が柔らかくてびっくり!

これだけ分厚いのに、中はしっとりとしています。

笑飛巣の「ポークチャップ」は、

ソースに砂川産の玉ねぎやトマトを使用しているんですって。

f:id:mesitsu_lc:20170203115324j:plain

これでもかとソースがたっぷりかかっています。

甘さがフレッシュです。

玉ねぎもトマトも砂川市の特産品ですからね!

f:id:mesitsu_lc:20170203115335j:plain

一切れの破壊力がすごいです。

4口くらいで、お腹が膨れます。

ああ、修業のようです。

しっかりかんで、飲みこむ。

胃袋の形に肉の塊が収まるように。

f:id:mesitsu_lc:20170203115339j:plain

なんとか完食!

お腹いっっっぱい!

ちなみに。

お肉を2人でシェアするペアセット・1,950円もあります。

こちらはライス、サラダ、スープがさらに追加されるんですね。

まだ……終わらなかった

f:id:mesitsu_lc:20170203115305j:plain

砂川は「スイートロードマップ」なるものもあるみたいで、

こちらのお店もその中の一軒なんですって。

そんな情報聞いちゃったら、食べるしかないでしょう!

ジャンプします。

そして、胃袋に隙間を作りますからね。

ちょっと待っててくださいね。

f:id:mesitsu_lc:20170203115338j:plain

▲エクレア 240円

ハハハ…。

なんとこちらも20㎝超え!

やっちゃった!

でも、フンワリだからスルッと食べちゃえそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170203115337j:plain

カロリーのことは考えないでおきます。

体重計?

もちろん3日くらいは乗りません。

現実逃避したいと思います。

f:id:mesitsu_lc:20170203115330j:plain

こうなると他のお店も巡ってみたくなりますね。

砂川市が力を注ぐ「ポークチャップ」、みなさん是非!

そして、笑飛巣のエアーズロックに脱帽です。

大きさに目がいきますが、それ以上においしいのです!

この柔らかさは驚きますよ。

私の胃袋には、あの塊が入っているんだな~と思いつつ、

のっそりと帰路につきました。

胃袋、破けてるんじゃないだろうか!

お店情報

Cake & Cafe 笑飛巣(エビス)

住所:北海道砂川市東7条南8-1-10

電話番号:0125-74-5868

営業時間:11:00~17:00(火曜日 11:00~16:00)

定休日:水曜日・第1火曜日

ウェブサイト:http://www.cafe-ebisu.com/

※この記事は2017年2月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【怖い】悪人顏の店主が作る料理がうまい「酒房 裕一」に潜入【北海道・旭川】
困ったら潜れ! 地下で見つけた中華の楽園「天壇」でヘベレケ【北海道・札幌】
【タレの美学】帯広で出会った「新橋」の真っ黒に輝く豚丼!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。