ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRハードウェアの標準化なるか 標準規格「OpenXR」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月28日、クロスプラットフォーム型APIの仕様策定をしているオープン・コンソーシアムの「クロノス・グループ(以下、クロノス)」は、世界最大のゲーム開発者向けイベントの「GDC」にて、主要APIの最新情報と、新ワーキング・グループを発表しました。

GDCにて発表、最新API動向

VRデバイスのクロスプラットフォームAPIは「OpenXR」と命名

2016年の12月に設立が発表された、クロノスの「バーチャル・リアリティ・イニシアチブ」により、 VRやARのポータブル・アプリ/端末向けのオープン仕様の策定が進められています。

クロノスは、その標準規格の正式名称を「OpenXR」としました。VRハードウェアの標準化なるか 標準規格「OpenXR」が発表

参画企業

このグループは、以下にあるように、ARM、インテル、Qualcommといったチップセットメーカー、AMD、NVIDIAといったGPUメーカー、グーグルやOculus、Valveといったハードウェア、プラットフォーマー、Unityとエピックゲームズといったゲームエンジン提供企業など、VR業界の主要なプレイヤーや参加しています。などの大手企業各社から構成されています。また、関心を持っている企業は、これからも参画可能とのこと。VRハードウェアの標準化なるか 標準規格「OpenXR」が発表

詳細 https://www.khronos.org/blog/the-openxr-working-group-is-here

採用が進む「Vulkan」向け新機能を発表

クロノスは、VRとマルチGPU機能にクロス・プラットフォームでアクセスできる「Vulkan」の拡張仕様を発表しました。
詳細 https://www.khronos.org/blog/vulkan-releases-new-features

業界有数のゲーム・エンジンである、UnityやUnreal等で採用されている「Vulkan」。数多くのゲーム・スタジオが「Vulkan」仕様のゲーム・タイトルの開発を進めています。

新3Dポータビリティ調査グループ(3D Portability Exploratory Group)参画への呼びかけ

VRハードウェアの標準化なるか 標準規格「OpenXR」が発表

このグループは、デベロッパのVulkan、DX12、Metalベースの各システム上で効率的実行が可能なレンダリング・コードが書ける、ネイティブAPIの仕様策定を目的としています。クロノスは、この新グループへの参加募集を発表しました。

詳細 https://www.khronos.org/3dportability

WebGL 2.0仕様の発表

WebGL 2.0は、すでにGoogleおよびMozillaでサポートされていますが、その仕様の最終版が完了し、3DのWebアプリケーションやエンジンの開発への仕様が可能になります。
VRハードウェアの標準化なるか 標準規格「OpenXR」が発表
WebGL 2.0は、OpenGL ES 3.0を前面に打ち出し、あらゆるデベロッパが、Web開発においてデスクトップ向けOpenGL機能を活用できるようにします。さらに、クロノスは、Web上で明示的に3Dをコントロールできる新世代APIの提供を目指し、次世代WebGLへの取り組みを開始してるとのこと。

詳細 https://www.khronos.org/blog/webgl-2.0-arrives

(参考)
https://www.khronos.org/news/events/gdc-2017

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。