体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビルボードジャパンチャート3/6付およびRADIO ON AIR DATA 2/20〜2/26発表

ビルボードジャパンチャート3/6付およびRADIO ON AIR DATA 2/20〜2/26発表

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による3月6日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2017年2月20日〜2017年2月26日)および2017年2月20日〜2017年2月26日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

Hey!Say!JUMP「OVER THE TOP」28.3万枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 19年ぶりのオザケンは総合5位に

Hey!Say!JUMP「OVER THE TOP」は、3形態でリリースされたシングルが283,090枚を売り上げダントツの1位となり、他指標でもラジオ12位、ルックアップ1位、Twitter9位とバランス良くポイントを重ね、JAPAN HOT100総合首位となった。

総合2位の星野源は動画再生1位、Twitter3位、ルックアップ3位、ダウンロード4位とこれらの指標では好調をまだまだ維持しているものの、ラジオ24位、シングル24位、ストリーミング13位とこれらは失速気味で、さすがに1月頃の勢いは無くなってきている。

総合3位のLiSA「Catch the Moment」は、前週よりもダウンロードを伸ばしており、前週4位から2位に順位を上げている。このダウンロードとTwitter(前週1位、今週2位)のポイントが牽引して、総合順位を5位から3位に上昇させており、好調ぶりがよく分かる結果となった。

今週ストリーミングで1位となったのはAAA「MAGIC」。ストリーミングでは他に「恋音と雨空」「さよならの前に」などなど、100位以内に合計10曲を送り込んでおり、7人体制最後のアルバム「WAY OF GLORY」の躍進をHOT100でも裏付けている。

また、アニメ「幼女戦記」EDテーマ「Los!Los!Los!」が初登場でダウンロード1位となった。シングル19位、ルックアップ14位、Twitter60位とアニメ系では珍しくフィジカル関連よりもダウンロードが牽引する形で総合11位に初登場しており、今後のチャート展開に注目だ。

19年ぶりのシングル・リリースとなった小沢健二「流動体について」は、「Mステ」出演や新聞出稿などのメディア露出も効果を上げて、ラジオ6位、シングル3位、ルックアップ5位、Twitter14位となり、総合5位に初登場となった。また、「Mステ」でメドレー披露した「ぼくらが旅に出る理由」はTwitter34位で、一連のアクションに対する注目度の高さと変わらぬ人気を示している。

Hey!Say!JUMP「OVER THE TOP」がアニメチャート首位、続く2位はLiSA「Catch the Moment」が1ランクアップ

Hey!Say!JUMPの19枚目シングル「OVER THE TOP」が今週のアニメチャートで首位を獲得した。

本作は、NTV系「タイムボカン24」1月クールの新オープニングテーマ。セールス数およびルックアップ(CDのPC読み取り数)が1位。そしてラジオとTwitterも2位と軒並み高順位で総合アニメチャートを制した。

続く2位は映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の主題歌であるLiSA「Catch the Moment」。Mステの出演を機にTwitterで話題が高まり、ツイート数は1位、そしてダウンロードとストリーミングも2位とデジタル領域での強さを見せ、前週より1ランク上げて2位となった。

そして2位と3位が入れ替わる結果となったのが米津玄師「orion」。1ランク下げたとはいえ、こちらもラジオ1位、動画再生2位、ダウンロード3位とライト層にも広がりつつあり、まだまだチャートを賑わせそうだ。

オースティン・マホーンが2週連続1位、CM効果でジャスティンが2位に急上昇

オースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が、ブルゾンちえみの話題ネタ効果で、2週目のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”1位となった。

「ダーティ・ワーク」は、先週に引き続き、デジタル・セールス、Twitterポイントと動画再生回数の3指標で洋楽勢TOPをマークしたほか、今週はエアプレイ・チャートで急伸したことをうけ、前週からさらにポイントを積み上げ、1位をキープする結果に。

同曲を使ったネタで人気沸騰中のブルゾンちえみが連日メディアを賑わせていることもあり、次週も首位をキープする可能性は高い。だが、現地時間2017年2月26日に行われた「アカデミー賞」で「ラ・ラ・ランド」が音楽2部門を制覇したことや、3月3日にエド・シーランのニュー・アルバム「÷」(ディバイド)がリリースされることもあり、次週の首位争いは波乱となりそうだ。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。