体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマモバ、オペレーターが遠隔操作でスマートフォンやおPC操作のサポートをしてくれるサービス「スマモバおたすけサポート」を提供開始

スマートモバイルコミュニケーションズは 3 月 1 日、オペレーターが遠隔操作でスマートフォンやお PC 操作のサポートをしてくれるサービス「スマモバおたすけサポート」を提供開始しました。スマモバおたすけサポートは専用アプリをインストールした状態でスマートモバイルコミュニケーションズに電話連絡を、オペレーターから指示された 6 桁のワンタイムパスワードを入力することで、オペレーターの PC にユーザーの使っている端末の画面が表示されるリモートアクセスサービスです。ペレーター側での遠隔操作や、遠隔操作が無理な場合はポインタを表示して操作のサポートをしてくれます。またユーザーの端末画面とオペレーターと PC は直接つなぐわけではなくセキュアな専用中継サーバを介して行う方式となっているのでセキュリティ面でも安心です。このほか一時的に画面を見せたくない場合は画面共有をストップさせることも可能です。スマモバおたすけサポートの料金は月額 400 円 + 税となっていますが、MVNO サービスの「スマモバ」会員限定のサービスなのか、それとも誰でも利用できるサービスなのかなどは特に明記されておらず、サービス案内サイトも立ち上がっていないので不明です。Source : スマートモバイルコミュニケーションズ

■関連記事
NTTドコモ、Android版「dポイントクラブ」アプリのUIをリニューアル
J:COM、「J:COMオンデマンドメガパック」をJ:COM Mobile向けオプションとして3月2日から提供開始
NTTドコモ、遠隔管理機能を備えた青少年向けフィルタリングアプリ「あんしんフィルター for docomo」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。