体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネオクラシックもいいけど、もうそろそろ「ネオネオ(ネオ・ネオクラシック)」が狙い目かも?

▲ちょっと前までは単に古くさく感じられたのに、時がたって古くなりきったことで、逆に魅力的に見えてくる車……。それが、ここでいうネオ・ネオクラシック。写真は96年から03年まで販売されたBMW Z3

▲ちょっと前までは単に古くさく感じられたのに、時がたって古くなりきったことで、逆に魅力的に見えてくる車……。それが、ここでいうネオ・ネオクラシック。写真は96年から03年まで販売されたBMW Z3

1周回って「逆におしゃれ」となった90~00年代の輸入車

「クラシックカー」というのは主に第二次世界大戦より以前に製造された名車のことを指しますが、そこまで大仰なモノではなくせいぜい30~40年前、つまり1970年代や80年代に作られた車たちも今、「ネオクラシック」という俗称で大いに愛されています。例えばちょっと古いW123と呼ばれるメルセデスとか、まるでベネチアの運河に浮かぶ小舟のような往年のアルファロメオ スパイダーとか、ですね。

ネオクラシックはネオクラシックで非常にステキなジャンルですが、それに加えて「ネオ・ネオクラシック」とでも呼ぶべき一群にも、近ごろは注目すべきかもしれません。

ネオ・ネオクラシック(略称ネオネオ)というのは編集部の勝手な命名で、特に明確な定義はないのですが、「ネオクラシックと呼ぶにはまだ新しい、でも最近どこかノスタルジックな風味が出てきた車」のことをそう呼びたいと思います。具体的には90年代初頭から00年代は初めぐらいに製造販売された輸入車で、その中でもデザイン的な風情が感じられるもの……といったところでしょうか。

より具体的な例を挙げるなら、例えばBMW Z3。

▲96年8月から03年12月まで販売されたBMW Z3。ロングノーズ+ショートデッキ、スモールキャビンという典型的なクラシカルスタイルを採用した2シーターオープンカーです

▲96年8月から03年12月まで販売されたBMW Z3。ロングノーズ+ショートデッキ、スモールキャビンという典型的なクラシカルスタイルを採用した2シーターオープンカーです

また、例えば初代アウディ TT。

▲こちらは99年10月から06年9月まで販売された初代アウディ TT。走りに関しては後の2代目、3代目の方が上ですが、ことデザインに関しては「やっぱりコレが一番!」という声も多いステキな2+2クーペ

▲こちらは99年10月から06年9月まで販売された初代アウディ TT。走りに関しては後の2代目、3代目の方が上ですが、ことデザインに関しては「やっぱりコレが一番!」という声も多いステキな2+2クーペ

あるいは初代メルセデス・ベンツ SLKクラス。

▲初代メルセデス・ベンツ SLKクラスは97年2月から04年8月の車。メルセデスとしては初採用の電動格納式ルーフは当時革新的でしたが、今となっては少々ノスタルジックな雰囲気も出てきた印象があります

▲初代メルセデス・ベンツ SLKクラスは97年2月から04年8月の車。メルセデスとしては初採用の電動格納式ルーフは当時革新的でしたが、今となっては少々ノスタルジックな雰囲気も出てきた印象があります

プジョー 306カブリオレとアルファロメオのアルファ156も、ここのところクラシカルな「味」が出てきたように思えます。

▲94年8月から02年7月まで販売された4シーターオープン、プジョー 306カブリオレ。最近のプジョーはややドイツ車風の味わいですが、これはデザインも走りも柔らかなフランス風である点が特徴です
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。