体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「成果が認められない」時、ドラッカーならどう考えるか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第2回の今回は、「成果がなかなか認められないときの考え方」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:k_kushida:20170228140449j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

今回は、下記名言解説の2回目です。

【本日の名言】

「組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、あるいは成果が認められないときには、辞めることが正しい道である。出世はたいした問題ではない」

(P・F・ドラッカー『非営利組織の経営』)

この名言は3回にわたって中核に置き、他の名言を絡めながら異なる角度から読み解いてみます。前回は、この名言の中の「組織が腐っているとき」「自分が所を得ていないとき」の2つについて詳しく解説しました。今回は、「成果が認められないとき」についてお話したいと思います。「今の仕事に行き詰まっている」人や「仕事を辞めようかと悩んでいる」という方はぜひ参考にしてみてください。

「評価」にはタイムラグがある

はじめに「『成果が認められないとき』とは、どういうときなのか?」についてですが、これに関しては「仕事で良い結果を出したのに評価してもらえないとき」という解釈で異論はないと思います。

それでは、どういうときに人は「評価してもらえない」と感じるのかというと、「上司から褒めてもらえない」「何のリアクションもない」「見返りが少ない」というものでしょう。多くの人が抱いている不満とは、結局のところ、承認欲求やお金に関することが大部分を占めているのではないかと思います。

もちろん、評価の結果が金銭的なものに結びつくべきなのは当然のことで、それが人を動かす大きなモチベーションとなっているのも確かです。ただ、ほとんどの人が気づいていないことなのですが、実は地位やお金が評価となって返ってくるまでには、常にタイムラグが発生するということです。

「評価がお金に変わる」までには時間が必要

なぜ、評価と見返りの間にタイムラグが発生するのかというと、ひとつには「社員の出した成果が顧客に評価され、それが会社に認識されるようになるまでには時間がかかる」ということが挙げられます。成果が表れ、人々に知られるようになるにはある程度の期間を要するということです。

さらに重要なことがあります。それは、もともと人間が評価する以上、「間違いはつきもの」だということです。評価者の思い込みや優先順位の問題、他者との兼ね合いや派閥争いなど、正当な評価が下されるまでにはさまざまな障害が立ちはだかります。万一、評価に間違いが起こった場合は、それが是正されるにも時間を必要とします。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会