ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

トヨタの水素を動力源とする燃料電池バス「トヨタFCバス」3月にも運行開始!2020年東京五輪までに100台走行の見込み

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ToyotaFuelCellbus日本が世界に誇る車メーカー、トヨタがこのたびオリジナルブランドの燃料電池を動力とするバス「トヨタFCバス」を東京都交通局へ納車したという。

・燃料電池自動車「MIRAI」の技術がベース

このバスのベースになったのは、同社が“燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」”向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(Toyota Fuel Cell System、TFCS)」。2つの“固体ポリマー電解質”が搭載されていて、それぞれ114kWの出力を出すことが可能だ。

・災害時には、一時的な電力供給源にも

10本の高圧水素タンクには最大600リットルの水素を貯蔵でき、順番にニッケル水素バッテリーを充電していく。また、最高出力7.2kW、235kWhの電力供給能力を有する。そのため、災害などの緊急時に、一時的な電力供給源として活躍することも期待される。

・3月に運行開始予定

ToyotaFuelCellbus2バスは乗客76名+運転手1名乗りで、高齢者や子どもも乗降しやすいノンステップ仕様。

1台目に続き、2台目が3月納品の予定で、同月中に通常運行を開始する見込みだ。

・2020年東京五輪までに100台

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに、東京を中心に100台以上が導入されることになっているという。

従来に比べて、さらなる燃焼機関の効率アップが期待されるのに加え、二酸化炭素を排出しないため、環境への影響が少ないメリットもある。今後は、公共交通バスには水素電池が常識…なんていう日も当たり前になるのかもしれない。

トヨタFCバス

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。