ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】フューチャーのセルフ・タイトル作が堂々の初登場1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】フューチャーのセルフ・タイトル作が堂々の初登場1位

 米アトランタ出身の人気ラッパー、フューチャーの新作『フューチャー』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 ドレイクやリアーナをはじめ、人気アーティストの作品に引っ張りだこのフューチャー。自身のアルバムもデビュー作から全作がTOP10入りを果たしていて、本作は2015年リリースの3rdアルバム『DS2』から、3作連続でNo.1デビューを果たしたことになる。2015年2月にリリースした、ドレイクとの共作『ホワット・ア・タイム・トゥ・ビー・アライヴ』を含めると、4作目の首位獲得。

 本作は、自身がゲスト参加したマルーン5の新曲「コールド」がリリースされた2月14日にサプライズ告知され、3日後の17日にリリースされた、通算5作目のスタジオ・アルバム。セールスは6万枚程度だが、ストリーミングが好調で、累計14万枚を超える初動枚数を獲得し、2位以下と大きく差をつけ1位に初登場した。フューチャーは、本作リリースの翌週24日に6thアルバム『HNDRXX』を発売していて、アルバム・チャート史上初の2作連続首位獲得を狙う。

 7位に登場したのは、チャーリー・ウィルソンの『イン・イット・トゥ・ウィン・イット』。2015年リリースの『フォーエバー・チャーリー』から2年振り、通算8枚目となるアルバムで、自身4作目のTOP10入りを果たした。本作には、ウィズ・カリファやロビン・シック、スヌープ・ドッグなど、人気シンガーたちが参加していて、スタンダードから最新のサウンドまで、質の高いR&Bソングが満載。

 続いて8位には、ライアン・アダムスの新作『プリズナー』がデビュー。大きな話題を呼んだ、テイラー・スウィフトのカバー・アルバム『1989』(2015年)以来、およそ2年ぶりとなる新作で、その前作に続き2作連続、通算5作目のTOP10入りを果たした。昨年12月には、東京・新木場スタジオコーストで単独来日公演を行い、大反響を呼んだ。

 9位のアリソン・クラウスは、カントリーやブルーグラスを奏でる女性フィドル奏者。1985年デビューのベテラン・アーティストで、本作『ウィンディ・シティ』は、ソロ作品としては1999年リリースの『フォーゲット・アバウト・イット』以来、18年ぶり、通算5作目のスタジオ・アルバムとなる。コンピレーション盤やユニオン・ステーションとの作品を除くと、ソロ・アルバムとしては初のTOP10入りとなる。

 先週、【グラミー賞】効果で上昇した、アデルの『25』(今週11位)やビヨンセの『レモネード』(今週22位)はTOP10圏外へダウンし、その他のノミネート作品も、それぞれ順位を落としている。しかし、次週は2月22日に開催された【ブリット・アワード2017】の受賞作品がおそらく上昇し、ノミネートしていたアデルやビヨンセの作品も、再び上位にランクインするかもしれない。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、1日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『フューチャー』フューチャー
2位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
3位『フィフティ・シェイズ・ダーカー』サウンドトラック
4位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
5位『カルチャー』ミーゴズ
6位『アイ・ディサイディド』ビッグ・ショーン
7位『イン・イット・トゥ・ウィン・イット』チャーリー・ウィルソン
8位『プリズナー』ライアン・アダムス
9位『ウィンディ・シティ』アリソン・クラウス
10位『トロールズ』サウンドトラック

関連記事リンク(外部サイト)

3月11日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
3月11日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
フューチャーの想いが詰まった初のセルフ・タイトル作(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。