ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Cardboard VRヘッドセットは累計1,000万個販売、SkyVRアプリやTango対応の新アプリもリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 2 月 28 日、バーチャルリアリティ(VR)と仮想現実(AR)における同社の取組内容と報告した中で、Daydream と Tango に対応した新アプリのリリースを発表しました。Google は 2014 年に Cardboard VR ヘッドセットを発表し、本格的にモバイル VR への取り組みを開始しました。既に Cardboard タイプの VR ヘッドセットは累計 1,000 万個も販売されたそうです。Google は Cardboard の後、Android 用の VR サービス「Daydream」をローンチし、自社でも Daydream View という VR ヘッドセットを発売しました。Daydream はまだ始まったばかりのサービスなので、対応デバイス等は多くありませんが、対応アプリは既に 100 種類を超え、対応スマートフォンは 6 機種に増えています。そして、今回のブログ記事の中では、英国でテレビやブロードバンドサービスを提供している Sky UK の VR 動画視聴アプリ「SkyVR」のリリースが発表されました。日本では利用できません。Google は AR 事業では Tango を展開しており、Lenovo から発売された Lenovo Phab2 Pro で実際に機能を体験できます。Tango スマートフォンは現在、1 機種のみですが、新たに、The Sims、Chelsea Kicker、WSJ AR という新アプリのリリースを発表しました。Source : Google

■関連記事
Galaxy S8のプレス画像(?)が流出
OpenSignal、アプリ毎の最適度も表示するスピードテストアプリ「Meteor」をリリース
BLUEDOT、税込み8,980円でGoogle Play対応の7.9インチタブレット「7.9 インチ Android タブレット「BNT-791W(1GB)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。