ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

人気のミリタリーウォッチの4大ブランドとは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人気のミリタリーウォッチの4大ブランドとは?

腕時計としては極めて優秀ながら、実用一点張りの無骨な印象が強く、どちらかというとマニアが好んで身に着けるタイプであったミリタリーウォッチ。そのイメージは、この数十年で大きく変化しました。人気のミリタリーウォッチの4大ブランドを詳しく見ていきましょう。

ミリタリーウォッチが変わった要因

過酷な戦場を生き抜くために求められる「堅牢性・視認性・信頼性」という必須条件を満たすミリタリーウォッチ。今ではスーツを戦闘服とするビジネスマンにとっても、仕事を成功に導くための心強いアイテムとなっています。

ミリタリーウォッチが変わった大きな要因となったのは「G-SHOCK」の登場。現代のミリタリーウォッチはフォーマルな場に合うシックなものから、サバイバルに適したヘビーモデルまで、実に多種多様となりました。

「G-SHOCK(ジーショック)」は日本が世界に誇るメーカー・カシオ計算機より1983年に登場。世界中に愛用者がいる多機能タフネスウォッチで、愛称は「コンバット・カシオ」です。特殊部隊隊員をはじめSWAT隊員やパイロットらも使用しているといいます。

ミリタリーウォッチは視認性を重視

「LUMINOX(ルミノックス)」は、アメリカ・ニュージャージー州で創業した腕時計メーカー。視認性を重視した高水準のミリタリーウォッチを手掛け、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズでも制式採用されています。

「Wenger(ウェンガー)」は、スイス・アーミーナイフの名門として名を馳せ、コアなファンも多い人気ブランド。ミリタリーウォッチは堅牢性はもちろんのこと、ファッショナブルで豊富なデザインも魅力です。

「SUUNTO(スント)」は、高機能アウトドア&スポーツウォッチの分野で世界トップシェアを誇る北欧ブランド。ミリタリーやハンティングに適した機能を持つ製品にも定評があり、軍関係者からも注目されています。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。