ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もとは銀行の執務室!日本人の心に響く大人気洋菓子店「五感 北浜本館」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大阪・北浜に本店を構える大人気洋菓子店「五感」。お米をはじめとする国産素材を取り入れた「日本人の心に響く洋菓子」づくりが支持されています。

北浜本館は、大正時代に建てられた歴史的建造物。かつての銀行の執務室を利用した2階のティーサロンでは、上質な空間でフレッシュなスイーツが楽しめます。

「日本人の心に響く洋菓子」を目指して

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
2003年、大阪に創業した大人気スイーツ店「五感」。日本の農業を生かすことを大切に考え、お米をはじめとする和素材を取り入れた「日本人の心に響く洋菓子」を目指しています。

ケーキやプリンなどの生菓子から、マドレーヌやバウムクーヘン、クッキーなどの焼き菓子まで、幅広いラインナップ。いずれも、こだわりの素材を使った手づくりの温もりあふれる味わいです。

大正レトロ香る「五感 北浜本館」

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
西洋風のレトロ建築が点在する大阪・北浜エリア。現在「五感 北浜本館」がある新井ビルは、1922年に建てられた歴史的建造物。登録有形文化財にも指定されており、かつては旧報徳銀行大阪支店として使われていました。

北浜の雰囲気や新井ビルの風格に惚れ込んだ社長自らが、ビルのオーナーに直談判。その想いが通じ、ここに「五感 北浜本館」がオープンする運びとなったのです。

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
重厚なエントランスをくぐって店内に入ると、そこは、店の厨房で作られる色とりどりのお菓子が並ぶ非日常空間。いつも、入れ代わり立ち代わりやって来るお客さんで賑わっています。

銀行の執務室だったティーサロン

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
「五感 北浜本館」の2階には、かつて銀行の執務室として使われていた部屋を利用したティーサロンがあります。コンセプトは「紳士淑女の寛ぎ」。

部屋ごとに表情の異なる小部屋がいくつもあり、大正時代の西洋建築ならではのレトロな空間で、優雅なひとときが楽しめます。

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
部屋に飾られている絵画や調度品にも注目。日本を代表する版画家・棟方志功のデザインが施されたガラス板もあります。これは銀行時代からあったものなのだそう。

看板商品は「お米の純生ルーロ」

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
五感の看板商品が、「お米の純生ルーロ」。新潟県胎内産コシヒカリ100パーセントの米粉生地で、カスタードクリームと国産の黒豆を包んだ和を感じるロールケーキです。

フワッとしていながら、お米からできているだけあってしっかりした弾力が楽しめます。中のクリームは甘さ控えめで上品な味わい。どこかなつかしい風味のカスタードクリームに心癒されます。

はじめは「ロールケーキに黒豆?」と思ってしまいましたが、この豆の食感がアクセントになり、ケーキ全体に見事なバランスが生まれています。

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
「お米の純生ルーロ」は、テイクアウトも可能ですが、ティーサロンでいただくと、季節のアイスクリームが付いてきます。このアイスクリームが予想以上においしいのです。

本物のフルーツを使った自家製のアイスクリームは、驚くほど香り高くフルーティー。アイスクリームショップではないにもかかわらず、期待を超える本格的な味わいに感動です。

もとは銀行の執務室!大正時代のレトロ建築「五感 北浜本館」で和素材スイーツを堪能
レトロ感漂う優雅な空間で、国産素材を使ったスイーツが味わえる「五感 北浜本館」。和の食材の素晴らしさに改めて気付く体験が待っています。

「五感 北浜本館」
住所:大阪市中央区今橋2-1-1 新井ビル
電話:06-4706-5160
営業時間:月~土曜9:30~20:00、日・祝9:30~19:00(サロンラストオーダー 閉店30分前)

[All Photos by Haruna Akamatsu]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。