ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

OpenSignal、アプリ毎の最適度も表示するスピードテストアプリ「Meteor」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

携帯電波のエリアカバレッジや品質を調査している OpenSignal が Android 向けにスピードテストアプリ「Meteor」をリリースしました。アプリは現在、ベータ版として提供されています。Meteor は、スマートフォンの Wi-Fi またはモバイルデータ通信の上下速度を計測するアプリです。いわゆるスピードテストアプリなのですが、一般的なアプリとは異なり、Meteor ではアプリ毎に通信速度の最適度を表示するなど高機能です。アプリの操作は簡単です。「Start Testung」をタップするとテストが始まり、十数秒ほどで結果が表示されます。画面の下に表示されたアプリアイコンをタップすると、テスト結果に基づくアプリ利用における最適度を 4 段階で表示します。これを見て、現在利用している通信サービスやエリアがアプリの利用に適しているのかどうかを判断できます。アプリは履歴機能も充実しており、過去のテスト結果の履歴を時系列に確認できるほか、テストを実施した場所の地図も表示されます。「Meteor」(Google Play)

■関連記事
BLUEDOT、税込み8,980円でGoogle Play対応の7.9インチタブレット「7.9 インチ Android タブレット「BNT-791W(1GB)」を発表
フジテレビ、FODの雑誌読み放題サービス「FODマガジン」のAndroidアプリをリリース
Facebook、Android版メッセンジャーの新UIと“M”アシスタント機能をテスト中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。