体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1000万円超級だったBMW 6シリーズグランクーペも、登場から5年たたずに400万円台へ……!

▲現行6シリーズをベースに作られた4ドアクーペ、BMW 6シリーズグランクーペ。まだまだ現役感たっぷりな1台であるにも関わらず、その中古車相場は今、妙にお買い得な状況になっています

▲現行6シリーズをベースに作られた4ドアクーペ、BMW 6シリーズグランクーペ。まだまだ現役感たっぷりな1台であるにも関わらず、その中古車相場は今、妙にお買い得な状況になっています

走行3万km台までの物件も余裕で400万円台

昨今、自動車の世界で隆盛をきわめているジャンルといえば当然ながらSUV(Sport Utility Vehicle)なわけだが、もう一つの雄として「輸入4ドアクーペ」があるように思える。さほど数がハケるジャンルではないためSUVほどあちこちで見かけるわけではないが、ある一定以上の収入を得ている自動車愛好家諸氏の心はガッツリつかんでいるジャンルであるはずだ。

そして数ある輸入4ドアクーペのなかで最も均整のとれた1台……と断定できるかどうかは不明だが、「いろいろな意味で最も均整のとれた輸入4ドアクーペの一つ」と言って差し支えないのが、12年6月に登場したBMW 6シリーズ グランクーペだろう。

6シリーズ グランクーペは、その前年8月に日本に導入された2ドア版6シリーズのホイールベースと全長を延長し、全高を20mm拡大することで4ドア化した流麗な4ドアクーペ。搭載されるエンジンは最高出力320psを発生する3L直噴直6 ターボと、同450psの4.4L直噴V8ツインターボで、トランスミッションは両者とも8速のスポーツATとなる。

で、その中古車が今、非常にお安い。

まぁお安いといっても注目の価格ゾーンは400万~498万円と、一般的な観点から見るならもちろん爆安プライスというわけではない。そしてこのゾーンで狙えるのは4.4Lツインターボの650i系ではなく、ダウンサイジングされた3L直6ターボ搭載の640i系が大半。しかしそれでも、新車時価格986万~1170万円だったモノの走行3万km台までの個体が、400万円台でイケてしまうという事実は、「お安い」と評しても決してオーバートークではないはずだ。

▲なんとも端正なスタイリングのBMW 6シリーズ グランクーペ。2ドアクーペと比べてホイールベースは115mm延長されており、延長分は主に後部居住空間の拡大に当てられている

▲なんとも端正なスタイリングのBMW 6シリーズ グランクーペ。2ドアクーペと比べてホイールベースは115mm延長されており、延長分は主に後部居住空間の拡大に当てられている

▲グレードやオプションにより細かな違いはあるが、6シリーズ グランクーペのインテリアはおおむねこのようなニュアンス。なんとも贅沢な気分に浸れる居住空間だ。写真は2015年モデル

▲グレードやオプションにより細かな違いはあるが、6シリーズ グランクーペのインテリアはおおむねこのようなニュアンス。なんとも贅沢な気分に浸れる居住空間だ。写真は2015年モデル

ただ、一部では早くも飽きられはじめているのかも?

さらにマーケットを細かく見てみると、2月17日現在、車両価格500万円以下かつ走行4万km以下のBMW 6シリーズ グランクーペは全国で計22台。うち19台が3L直6ターボ搭載の640i系で、3台のみが4.4L V8ツインターボの650i系だ。19台ある640i系のなかで人気の「Mスポーツパッケージ」は6台だけだが、残る13台のベーシックな640iにも「コンフォートパッケージ」などのパッケージオプションは装着されているケースが目立つ。

ということで、局地的に隆盛を極めているアッパーな輸入4ドアクーペのステキな1台を、極力お値打ち価格で手に入れたいという人は、ぜひぜひBMW 6シリーズ グランクーペにご注目ください、よろしくお願いいたします……ということで話を終えられればいいのだが、実はそうもいかない。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会