ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。

そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリアとして、壁面でボルダリングができる仕様にしちゃったんです。いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

製作は、米・ポートランドにあるトレーラーカスタムメーカー「TINY HEIRLOOM」。お客さんの要望に合わせた、オリジナルでラグジュアリーな仕様に応えているそうです。

行く先々で
登れます

いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

ボルダリングは基本的に屋内スポーツですが、トレーラーハウスの壁面に設置してしまうことで、青空の下でいつでも楽しめるという逆転の発想。自然の壁を登るロッククライミングの練習にもなりそうです。いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

一応、インテリアも
見ておきましょう

いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

インパクトがあるのはボルダリングの壁面があるエクステリアですが、トレーラーハウスとはいえ、インテリアもとても快適そう。

ひと汗かいたあとは、シャワーとバスタブでゆっくり過ごしてみては?いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。いつでもどこでも「ボルダリング」できる家、あります。

キッチンのオーブンも、本格的なもの。

ボルダリング好きの友達を呼んで、大きな窓から差し込む気持ちのいい自然の光を浴びながら、パーティだってできちゃいます。

せっかくトレーラーハウスに住むのなら、時と場所を選ばず趣味に打ち込めるこんな家も素敵かも!ちなみにこの「TINY HEIRLOOM」では、ベースモデルのパッケージが89,000ドル(約1,000万円)で、そこからパーソナライズされていくそうですよ。Licensed material used with permission by Tiny Heirloom INC.

関連記事リンク(外部サイト)

「トレーラーハウス」をDIY!仕事も家も手放して旅にでたカップルがうらやましい
アメリカ人が「小さな家」に憧れる理由とは?
スノーピークより「買える隈研吾デザイン」が登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。