ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ヴェルテ、BlackBerry KEYoneを国内で輸入販売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

海外ガジェットを国内で輸入販売しているヴェルテは、今年 4 月に海外で発売される BlackBerry のキーボード付き Android スマートフォン「BlackBery KEYone」を輸入販売すると発表しました。KEYone は、4.5 インチ 1,620 x 1,080 ピクセルのディスプレイの下に QWERTY 配列の物理キーボードを搭載した Android スマートフォンで、BlackBerry の伝統的なフォームファクターを採用しているので、国内外で注目されています。 KEYone は海外では多くの国で発売されますが、現時点で国内発売は予定されていません。国内に輸入する場合には個人輸入か、並行輸入のショップ品を選択する必要があります。ヴェルテでは今回、海外から KEYone を輸入し、国内で販売します。価格は、北米版が 84,800 円、欧州・アジア版が 89,800 円です。米国での定価が $549 なので、単純計算で 2 万円ほど盛られていることになります。おそらく、KEYone の個人輸入は比較的容易と見られますが、保証の点が気になる方はショップ利用をおすすめします。ただ、ヴェルテの保証は購入後 90 日の保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応)しか対応せず、保証期間終了後は有償での対応となります。Source : Value Press

■関連記事
フジテレビ、FODの雑誌読み放題サービス「FODマガジン」のAndroidアプリをリリース
Facebook、Android版メッセンジャーの新UIと“M”アシスタント機能をテスト中
指紋リーダーやGoogleアシスタントに対応した次世代のAndroid Oneスマートフォン「General Mobile GM6」がトルコで発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。