体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄道ファンが注目 ブルートレインで行く「ニコニコ超会議特別列車の旅」

ブルートレインを貸しきってのツアーに視聴者は歓喜

 「ニコニコ動画を地上にだいたい再現」というコンセプトのもと、「ニコニコ超会議」が2012年4月28日、29日に千葉・幕張メッセで行なわれる。ニコ動ユーザーの期待が集まるニコニコ超会議をさらに楽しもうと、ニコニコ生放送「ニコラジ」では1月21日より「Road to超会議 やってみた!」というコーナーが始まった。1回目のこの日紹介された情報のうち、視聴者の反応が最も大きかったのは、ブルートレインでの「超会議特別列車の旅」だった。このツアーで使用されるブルートレインには、”ニコニコ超会議号”というヘッドマークを付くという。

 ニコニコ超会議では全国各地からの来場者を想定し、特別ツアーが組まれることが発表されているが、番組内でその詳細が明らかにされた。中でも視聴者の反響が大きかったのは、フュージョンバンド「カシオペア」のメンバーで、コアな鉄道ファンとして知られる向谷実氏が監修するブルートレインでの「特別列車の旅」だ。向谷氏は、ネット中継を介しての生出演で、

「夜行列車ってのはまだ残っているものもあるんですが、少なくとも機関車が引っ張る寝台列車のブルートレインは、無くなってからだいぶ経つんです。大阪方面から出発して、到着が東京ではなく上野駅ってのがかなり謎で、どこを走ってくるんだろう、と」

と、コースの途中にサプライズがあることを示唆した。

 また、ブルートレインに「ニコニコ超会議号」と書かれたヘッドマーク(列車の系統番号等を示すために取り付けられた板)を付けるという計画を明かし、

「ブルートレインは機関車が引っ張るんですけど、”ニコニコ超会議号”っていうヘッドマークを機関車に付けようと。今まで鉄道関係の仕事もやってきましたけど、ブルートレインを貸し切るのは初めてだし、ましてや自分でヘッドマークを付けるのも(初めて)。2012年はとんでもない年だなあと」

と語った。向谷氏はこの他にもいくつかのプランを練っていると言い、2月にはさらなる発表があるとした。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 向谷実氏が語る「ブルートレインの旅」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv75470507?po=news&ref=news#0:43:43
・ニコニコ超会議2012 – 公式サイト
http://www.chokaigi.jp/index.html

(鏡)

【関連記事】
人気ボカロP、OSTERがニコファーレで初ワンマンライブ
ニコ動で「ステマ祭り」開催中 「ステマにみんなで参加しましょう」
参議院国会の中継、ニコ生で放送開始へ
「ニコニコ超会議」公式サイトがリニューアル 巨大イベント詳細、徐々に明らかに
シンガー・ソングライター桃井はるこ「離島でコミケをやってほしい」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。