ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

六本木に小さなフィンランドが出現!?北欧グルメが堪能できるレストラン「タロ」に行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Talo豊かな森と湖の国、フィンランドは今年で独立100周年。

ムーミン、オーロラ、テキスタイルなど、この国を代表するトピックスはたくさんありますが、フィンランドのグルメと言えば、皆さん何を思い浮かべますか?

本日、六本木ヒルズにオープンした「Finland Kitchen Talo(フィンランド キッチン タロ)」は、同国で人気のメニューや食材を生かしたオリジナル料理がいただける最新レストラン。

Talo

来年1月までの期間限定オープン

店名の「Talo(タロ)」はフィンランド語で「家」を意味し、ゆったりくつろげる北欧の湖畔でのホームパーティーをイメージしているのだとか。

Talo

今回ひと足お先に同店のおすすめメニューを体験させていただいたので、筆者が気になったものをいくつかご紹介したいと思います♪

女子に嬉しい‟カラダあたためメニュー”

まず「Elenaさんの木曜日の豆のスープ」は、その名の通り木曜限定のメニュー。

フィンランドで毎週木曜日に「ヘルネケイット」と呼ばれる豆スープとパンケーキを頂く習慣にならい、フィンランド大使館の料理長エレナ・アダ シェフ氏が監修したオリジナルのスープを提供します。

Talo

わざと大きめにすり潰したエンドウ豆の食感と、ポークで出汁をとった深みのあるスープは、栄養価が高いだけでなくしっかりとお腹を満たしてくれますよ。

またメインにおすすめの「仔牛の北欧ビール煮込み」は、同国のビール「LAPINKULTA(ラピンクルタ)」でコトコト煮込んだリッチな一品。

Talo

お肉はフォークで持ち上げた途端、ホロホロとほどけるほどの柔らかさで、これぞ手間暇かけたお料理の神髄!という贅沢な気分にさせてくれます♪

デザートは?

またカフェタイムのおすすめなら「エクベリのベリーパイ」「Elenaさんのもっちりパンケーキ」を。

特に「ベリーパイ」はヘルシンキの老舗カフェ「Ekberg(エクベリ)」直伝のメニューとなっており、日本で味わえるのはもちろんココだけ!

Talo

しっとりとして甘さ控えめなパイは、ベリーの柔らかな酸味と合わさるとフレッシュな大人の味わいです。

スイーツのお供に

そして上記のスイーツとペアリングするなら「Robert’s Coffee(ロバーツコーヒー)」をお忘れなく。

フィンランドの人気コーヒーショップの定番、お腹に優しい「おなかコーヒー」をはじめ、オレンジやブルーベリーを皮ごと加えた香り高いフレーバーコーヒーなど、全4種類が用意されています。

Talo

このほかヘルシーな有機野菜のサイドメニューやサラダなど、ヘルスコンシャスなメニューも満載。

Talo

ブランドファン必見!

同店でサーブされるテーブルウェアやインテリアは「Arabia(アラビア)」「iittala(イッタラ)」「Finlayson(フィンレイソン)」といった日本でも人気のブランドばかり。

Talo

なかには非常に貴重な限定マグカップなどもあるようなので、そんなレアアイテムが目の前に登場したらかなりラッキーですよ♪

「フィンランド キッチン タロ」の営業時間は11時~23時まで(L.O.22:00)。

日本に居ながらにして北欧ムードに浸れるスペシャルな空間にぜひ足を運んでみて。

Finland Kitchen Talo
http://benelic.com/information/information.php?id=1635

フード(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。