体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子旅の定番!京都・伊勢・金沢・出雲あなたはどこがお好み?

女子旅の定番!京都・伊勢・金沢・出雲あなたはどこがお好み? AWOMB

女子旅の定番エリアといえば、京都・伊勢・金沢・出雲。

そこで今回は、文筆家の甲斐みのりさがセレクトしてくれたランチ&カフェをご紹介します。伝統食が味わえるカフェや、老舗の甘味処でひと息ついたり、気になるスポットが満載です!

どこも店の佇まいから、食事や飲み物のおいしさまで、その土地の「素敵」が詰まってるんです。ぜひ参考にして、ステキな旅行を楽しんでください。

文筆家・甲斐みのりさんが案内人

文筆家。旅や散歩、お菓子に手土産、雑貨など、女性が好んだり憧れるモノやコトを、雑誌、書籍に執筆。雑貨の企画・イベントも行う。

文筆家・甲斐みのりさん

京都【京都府】

京の伝統食とカフェ文化から

おもてなしの心に触れる旅。

AWOMB

京町屋で味わう見目麗しい寿司。

AWOMB お皿に並ぶ寿司ネタはアートのようAWOMB

1階の席では箱庭を眺めながら食事を楽しめる

手巻きならぬ、『手織り寿し』店。皿に並んだ京野菜や季節のおばんざいは10品以上。これを自分の好みの組み合わせで、シャリとともに海苔で包んで味わえるのが面白い。華やかなうえに栄養バランスもいい。

◆甲斐さん 曰く

自分で手を動かすのがイベント的に楽しく、満足度はひとしお。見た目も美しいので目の栄養にも。サイドメニューのデザートも美味です。 AWOMB(あうーむ)

TEL/075-204-5543

住所/京都府京都市中京区姥柳町189

営業時間/12時~16時(LO15時)、18時~21時(LO20時)

定休日/なし

料金/手織り寿し(並)1680円

アクセス/電車:地下鉄四条駅・阪急烏丸駅より徒歩7分

車:名神高速京都東ICより20分

駐車場/なし

「AWOMB」の詳細はこちら

かもがわカフェ

周辺散歩の後に自家焙煎珈琲。

かもがわカフェ 天井が高く開放的な空間かもがわカフェ

かもがわハウスブレンド500円

鴨川から歩いてすぐ、自家焙煎珈琲のおいしさで知られる。ハウスブレンドは甘い香りと深いコク、キレのある渋味が特徴。さらにフードも好評で、野菜中心のヘルシーランチや自家製スイーツも◎。

◆甲斐さん 曰く

近辺に面白い雑貨店や本屋さんが多いので、散策の後に訪れるのがおすすめ。珈琲はもちろん、料理もおいしく、お酒も楽しめますよ。 かもがわカフェ

TEL/075-211-4757

住所/京都府京都市上京区西三本木通荒神口下る上生洲町229-1

営業時間/12時~23時(LO22時30分)

定休日/木

アクセス/電車:京阪神宮丸太町駅より徒歩10分

車:名神高速京都東ICより25分

駐車場/なし(周辺に有料Pあり)

「かもがわカフェ」の詳細はこちら

伊勢【三重県】

江戸の面影と大正モダンが薫る

「伊勢クラシカル」に出会う。

赤福本店

伊勢参りの定番、赤福餅で一服。

赤福本店 赤福餅セット210円。店先に番茶を焙じる香りが漂う赤福本店

伊勢らしい切妻屋根の本店は、築約140年の歴史

約300年もの間、伊勢参りの旅人の疲れを癒してきた甘味処。店内では、朱塗りの竈で沸かす湯で淹れたお茶と、つくりたての赤福餅を一緒に味わえる。また冬は季節限定「赤福ぜんざい」、夏は「赤福氷」が好評。

◆甲斐さん 曰く

畳敷きの座敷と五十鈴川に面した縁側があって、どちらも風情たっぷり。伊勢にやってきたと、しみじみ感じられるお茶処です。 赤福本店

TEL/0596-22-7000

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

営業時間/5時~17時(繁忙期は時間変更あり)

定休日/なし

アクセス/電車:近鉄宇治山田駅・JR伊勢市駅または近鉄伊勢市駅よりバスで15分

車:伊勢道伊勢ICより5分

駐車場/なし(市営浦田Pより徒歩5分)

「赤福本店」の詳細はこちら

フランス料理 ボンヴィヴァン

伊勢志摩の魚介&野菜づくし。

フランス料理 ボンヴィヴァン
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。