体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「理想の暮らし」を追求した先に見えた、働きやすさとは?

子育て、親の介護、自分の老後…私たちは働きながらも次々とライフイベントが発生し、その都度さまざまな課題に直面することになります。

三井不動産レジデンシャル社がCSR活動としててがける「Neighbors Next U26 Project(※以下、U26)」では、マンションを中心としたコミュニティから「子育て」「介護医療」「独居老人の増加」などの社会課題へのソリューションを提案。プロジェクトディレクターである猪股有佐さんは、マンションコミュニティの研究のかたわら当プロジェクトに従事しています。 「暮らし方」を真摯に見直したとき、生活するうえでの不安や不満は、どのように変化するのでしょうか。

f:id:tyo-press:20170222102631j:plain

<プロフィール>

猪股 有佐(いのまた ありさ)

1987年年京都府⽣生まれ。株式会社タンデム、および不動産系広告会社に所属するパラレルワーカー。学⽣生時代よりマンションコミュニティの研究に従事。銭湯を中心としたまちづくりをおこなう。

人と人とをつないで、暮らしの課題を掘り起こす

——猪股さんが「コミュニティ」に関するプロジェクトをはじめたきっかけを教えていただけますか?

小さい頃から「人と人とのつながり」に興味がありました。子どもの頃に住んでいたマンションが名古屋大学の隣にあり大学関係者や留学生が住んでいたのですが、私の家族以外ほとんど外国人だったんです。母親が非常に面倒見の良い人で日々彼らを手助けしていて、さまざまな人種やバックグラウンドを持つ人たちがいる暮らしはとても楽しいものでした。

そしてその後、両親が分譲マンションを購入するも、住んでみて「つまらないな」と思ってしまったんです。例えば親がマンションの理事会に出席しても「みんなマイナスなことばかり言い合って、何も決まらなかった」と帰ってくる。そんな話を聞きながら「前のマンションと何が違うんだろう」と考えたとき、両隣や上下階に誰が住んでいるのか分からないからだと気付きました。

自分のまわりに誰が住んでいるか分かったほうが毎日楽しいし安心する。“もしものとき”助け合える関係を作っておきたい。そのためにはどうしたら……と考え、学生の頃からコミュニティの研究を始めました。

f:id:tyo-press:20170222102756p:plain

▲26歳以下の学生や若手社会人を中心に構成されたメンバーが集まる「Neighbors Next U26 Project」

——「U26」の活動について教えていただけますか?

「U26」はプロジェクト運営を統括するHITOTOWAの荒昌史さん、そしてプロジェクトディレクターとして私が関わっています。今年度はオブザーバーとしてクルミドコーヒー店主の影山知明さん、東京R不動産を運営する株式会社スピークの林厚見さんにも参加いただいています。「暮らしの課題」を「社会課題」として捉え、人と人とのつながりによって解決する方法を考えるプロジェクトです。現在は、社会課題を解決するための基盤を作っているような状況ですね。

特にマンションをターゲットにしているため、立地によって築年数も世代構成も全く違い、課題はさまざまです。2016年は「マンションとコミュニティカフェの未来」をテーマに、実際のマンションでのフィールドワークを通じてさまざまな課題を見つけられたので、2017年は場所を変えて同じ築古マンションのコミュニティ形成のお手伝いをしようと話し合っています。

「マンションコミュニティのあり方」に向き合い、一年がかりで追求

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。