体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ColorChecker&i1Displayで画像とモニターのカラー悩みを解決!色が正しいのか悩んでいる人にお勧めできるキャリブレーションアイテム

デジタル一眼レフは撮影データをRAWで保存できる。JPEGは8bitであり256段の階調になる。RAWは12bit以上あり4096段以上の階調を扱える。RAWは扱える情報量が大きく後から編集しやすい。情報量が多いRAWで撮影しても、パソコンやWEB上で画像を表示するには、8bitであるJPEGデータ等に変換が必要だ。

RAWで撮影するメリットは何だろうか。一番のメリットは白とび黒つぶれを後処理で修正できることだ。白とびとは明るすぎて白一色になっている部分であり、同じように黒つぶれは暗すぎて黒一色になる部分である。

JPEGに白とび黒つぶれがある場合は、調整しても画像自体に情報がないため、本来の階調を再現できないこと多いが、RAWで撮影した場合は、保持されている情報が大きいので、白とび黒つぶれしている部分であっても階調を再現できる可能性が高い。同様にRAWならホワイトバランスや彩度を調整しても破綻せずに色調を変更できる。シャープやノイズ軽減もの柔軟に調整可能だ。

白とび黒つぶれした画像は何が悪いのだろうか。一見するとコントラストが強くメリハリのある写真にも見える。しかし、よく見ると白とびした部分はのっぺりと平坦であり、黒つぶれした部分は真暗で奥行を感じられない。白い部分にも暗い部分にも階調があることで、写真全体の存在感が出る。意図があり白とび黒つぶれを利用した写真はその限りではない。

問題は見ているモニターの明るさで、白とび黒つぶれの印象が大きく変わってしまう。何が正しいのか悩みやすい。モニターや画像を正しいカラープロファイルでチェックをすることで判断の大きな指標となる。

今日はRAWで撮影した画像を正しくチェックして現像を始めたい人へ最適なX-Rit(エックスライト)社のカラーマネジメントであるColorChecker Passport(カラーチェッカーパスポート)とi1Display Pro(アイワン ディスプレイ プロ)を紹介する。画像編集ソフトはAdobe Photoshopを利用する。もちろんAdobe Lightroomで使うことも可能だ。

・ColorChecker Passport(カラーチェッカー・パスポート)
http://xritephoto.com/colorchecker-passport-photo

ColorChecker PassportをAmazonでチェックする

・i1Display Pro(アイワン ディスプレイ プロ)
http://www.xrite.com/categories/calibration-profiling/i1display-pro

i1Display ProをAmazonでチェックする

ColorChecker Passport(カラーチェッカー・パスポート)の使い方

まず2つのソフトをインストールする。たまにバージョンが更新されるので検索して最新版をインストールしてほしい。ColorChecker Camera Calibrationは、DNGファイルからカメラプロファイルを作成するソフトで、DNG ProfileManager は作成したカメラプロファイルを管理するソフトだ。

ColorChecker Camera Calibration v1.1.0
http://www.xrite.com/service-support/downloads/C/ColorChecker_Camera_Calibration_v1_1_0

DNG ProfileManager Software v1.03
http://www.xrite.com/service-support/downloads/D/DNG-ProfileManager-Software

カラーチェッカーを開くと、クリエイティブ補正ターゲット(画像上)、クラッシックターゲット(画像下)の2種類が見える。

反対側には、18%グレーのホワイトバランスターゲットが用意されている。

ホワイトバランスターゲットを使用することで、色かぶりを防げる。色かぶりとは画像に赤や青の色が、よけいに被っている状態である。例えば赤の色かぶりは白い部分に赤みが出てくる。

ホワイトバランスを調整することで、色かぶりを無くして、白を白くできる。

ホワイトバランスの調整はカメラによって設定方法が異なる。GH4の場合は、カメラ本体右上にあるWBボタンから、ホワイトセットの変更が可能だ。詳しくはマニュアルを見て欲しい。

ホワイトバランスターゲットを使うことで、撮影している環境光で最適なホワイトバランスに調整できる。

次にクラッシックターゲットを使用する。まず光が反射しないようにクラッシックターゲット(下側のカラーチャート)を大きく撮影する。

カメラの撮影データ保存形式はもちろんRAWに設定する。

RAWをAdobe Photoshopで開くと現像画面が表示される。DNGファイルを作成するために、左下の画像を保存を選択する。

直ぐ使うので分かりやすいフォルダーを指定して保存する。

ColorCheckerを開き先ほど保存したDNGファイルをドロップする。

自動でカラーチャートが読み込まれ最適なカメラプロファイルが作成される。デュアルイルミナントDNGを使うと2つの環境光に対応できるので便利だ。詳しくはマニュアルを参考にしてほしい。

カメラプロファイルを保存する。分かりやすい名称をつけて管理する。

再びRAWをAdobe Photoshopで開き現像画面を表示させる。右側のカメラキャリブレーションを選択して先ほど作成したカメラプロファイルを読み込もう。

汎用的なカメラプロファイルでは、赤や青やオレンジの色がくすんで見える。

カメラプロファイルを読み込むことで、実際の色に近くなるように補正される。とても簡単に設定できるのが魅力だ。

一度カメラプロファイルを作成すれば、カラーチャートを設置しなくても同じようにカメラプロファイルを読み込むだけで補正できる。

さまざまな環境光でDNGファイルを作り、カメラプロファイルを作成すれば、さまざまな環境光下でも同じような色合いを的確に設定できる。カラーチェッカーを利用することで補正での悩みが減る。

1 2次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。