ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「雪印コーヒー」がパンスプレッドに!本日発売『雪印コーヒーソフト』を焼きたてパンに塗って食べてみた!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あの「雪印コーヒー」が、パンに塗れるスプレッドタイプになって新登場!発売55年目を迎えた「雪印コーヒー」は、大人も子どももみ~んな大好き。果たしてパンスプレッドに進化したその味とは!? SNSなどでもすでに話題を呼んでいる『雪印コーヒーソフト』、発売日にさっそく食べてみた!

パッケージはそのまんま!気になる味の再現度は…?

『雪印コーヒーソフト』(140g・参考小売価格 税別230円・2017年3月1日発売)は、雪印コーヒー風味のパンスプレッド。商品名をみると、同じく雪印メグミルクの看板商品であるマーガリン『ネオソフト』とのコラボともいえるだろう。

 

『雪印コーヒーソフト』のパッケージは、まさに見慣れた「雪印コーヒー」そのもの。食パンに塗られたイメージが大きくデザインされている。一般家庭によくある「ネオソフト」は300g入り。この『雪印コーヒーソフト』は140g入りなので、見た目はかなりコンパクトだ。

 

『雪印コーヒーソフト』は10gあたり65kcal。「ネオソフト」は63kcalなので、ほとんど変わらない。ちなみに製造者は甲南油脂株式会社となっており、雪印メグミルク株式会社は製造ではなく販売を行っている。

 

箱を開けるとやっぱり小さく、高さは4cm底の長さは10cmくらい。

 

フタを開けるのが意外に難しいと手こずっていたが、しばらくして開け方がフタに書かれていることに気付く。説明通りフタの横を指で挟んでみると、パコッとすぐに外れた。トホホ。

 

アルミの内ブタを剥がすと、ついに『雪印コーヒーソフト』が目の前に!色は、パッケージのイメージより薄めで、ピーナッツバターにちょこっと茶色をプラスしたような色味。匂いは、あの「雪印コーヒー」と同じである。

 

甘味より塩味!?マーガリン要素強めのコーヒー風味スプレッド

バターナイフですくってみると、マーガリンと同じような固さ。まずはそのまま食べてみると……んん!?しょっぱいぞ!!「雪印コーヒー」の甘さを想像して口にしただけに、その塩味の強さに驚いてしまった。

 

原材料を見ると、バッチリ「食塩」の表記。たしかに「ネオソフト」は塩味がそれなりに強く、コクがある。パンスプレッドにする場合は、ただ甘いだけでなく、塩味を加えることで味が引き締まるのだろう。

 

続いて食パンに塗ってみる。パンをかじると、マーガリンを塗ったパンを食べながら「雪印コーヒー」を飲んでいるような不思議な感じ。もちろん塩味は強いのだが、パンに塗ることでいつものバターやマーガリンで感じている塩味と同じ感覚となり、まったく違和感がなくなった。

 

今度は焼きたてのパンに塗ってみる。温かいパンに触れた部分が徐々に溶けていき、パンに染みこんでいく。すべてが染みこむのではなく、マーガリンを塗った際に、形が残る部分とパンに染みこむ部分があるのと同様だ。パンを口元に近づけると、先ほどの冷たい状態よりもさらに「雪印コーヒー」の香りが強く感じられる。パンにスプレットが馴染んでいることもあり、味も先ほどより一体感が増したようだ。

 

ただ甘いだけでなく塩味があることで、お菓子ではなく食事っぽく仕上がっている。甘過ぎないので、子どもはもちろん大人でもおいしく食べられる。

 

再現度でいうと、塩味のせいもあり「そのまんま雪印コーヒー」ということはなく、コーヒー風味のマーガリンといったところ。これのおかげでパンとの相性は抜群なのだが、あの甘さを求めている人からすると、ちょっぴり物足りないかもしれない。

 

バターやジャムとはひと味違う『雪印コーヒーソフト』はスーパーなどで本日発売!パン以外にもいろいろな調理パターンも楽しめるというから、「雪印コーヒー」ファンならずとも気になる方はお試しあれ!!

 

関連記事リンク(外部サイト)

たっぷり塗って焼くだけでフレンチトーストの完成!? 『私のフレンチトースト』は卵と牛乳が入ったスプレッド
『からだに美味しい塗って食べるオイル』で植物性オイルを、毎日の食事に気軽に摂り入れる!
カラムーチョがスープになった! じっくりコトコト こんがりパン カラムーチョスープカップ』熱々辛々の美味!
働く女子の味方!カップスープ実食取材『じっくりコトコト』売れ筋&新商品5をメーカーに聞いてみた!
『じっくりコトコト こんがりパン バターチキンカレー』夏の冷房で冷えきったからだを温めるクリーミースープ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。