ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xperia XZ Premiumは高速なUFSストレージを採用

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Mobile が MWC 2017 イベントで発表した 2017 年のフラッグシップ「Xperia XZ Premium」では UFS ストリージを採用していることが分かりました。既に UFS ストレージを採用した機種があるのかどうかは把握していませんが、ホワイトペーパー上の Xperia XZs と Xperia XZ Premium の内蔵ストレージの表記内容が異なっていました。Xperia XZs のスペック欄に UFS の表記はありませんが、Xperia XZ Premium には「UFS 64GB」と記載されています。つまり、Xperia XZs は eMMC タイプのストレージ、Xperia XZ Premium は UFS タイプのストレージを採用していると思われます。一般的に UFS(Universal Flash Storage)は規格が新しく、シリアルインタフェースを採用しており全二重通信が可能なので古くからある eMMC タイプよりも高速にデータを転送できます。そのため、最近のハイエンドモデルの多くは UFS ストレージを採用しています。Xperia XZ Premium は Snapdragon 835 プロセッサも採用しているので、現時点で Xperia XZ Premium の性能は Android スマートフォンの中でダントツだと言えますが、発売の段階では他社のスマートフォンに抜かれているかもしれません。Source : Sony Mobile Developer World

■関連記事
TCLは年内にもう2機種のBlackBerryスマートフォンを発売する計画
Xperia XZs(G8231 / G8232)とXperia XZ Premium(G8141 / G8142)のラインアップやフルスペック
Xiaomi、ミッドレンジクラスなのに価格はほぼ1万円の「Redmi 4X」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。