体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガイド付きで10ドル!マダガスカルの「ナハンプアナ自然保護区」で野生動物と友達になってきた

ガイド付きで10ドル!マダガスカルの「ナハンプアナ自然保護区」で野生動物と友達になってきた

世界一周の真最中、第93回ピースボートから、祭灯俊龍(まつりびとしたつ)君が、前回のサファリ体験に引き続き、アフリカはマダガスカルのナハンプアナ自然保護区の様子をレポートしてくれています。

とても可愛らしい動物をたくさん撮影してくれています!

マダガスカルは以前から行ってみたいと思っていたけれど、アクセスの不便さから行くことはないだろうと思っていた国の1つ。

バオバブの木やワオキツネザルなど、珍しい動植物がたくさんあることは知られているけれど、島の自然の全体像は意外と知られていないのではないでしょうか。

 

趣味で熱帯魚を飼育している僕自身も、マダガスカル産のお気に入りの水草を育てていながら、マダガスカルの自然のことは何も知りませんでした。

そこで、現地の自然がどんなふうなのかをこの目で見るべく、2日間あったマダガスカルの寄港期間を2日ともナハンプアナ保護区に使い、飽きることなく違う表情の動物達に出会って、楽しんできました。

動物たちは飼育スペースで管理されているものもいれば、野生で自由に生活しているものもいて、そのどちらとも触れ合えるナハンプアナ保護区。マダガスカル南部を旅するならおすすめです。

ここからは、ナハンプアナ保護区で出会った生き物たちを写真で紹介!

ナハンプアナ保護区の入り口にて。看板の「マキ(ワオキツネザルの現地名)」とおそろいポーズ。

ガイド付きで10ドル!マダガスカルの「ナハンプアナ自然保護区」で野生動物と友達になってきた
南国情緒たっぷりの歩道を抜けて動物のいるエリアに向かいます。


水辺に育つ「エレファントイヤー(ゾウの耳)」と呼ばれる植物。現地では食べられており、かじると甘いらしいです。

ガイド付きで10ドル!マダガスカルの「ナハンプアナ自然保護区」で野生動物と友達になってきた
歩道の出口にでてきた、放射状に延びた葉が特徴的な「トラベラーズツリー」。現地の生活に最も欠かせないと紹介されていた木で、昔最初にマダガスカルに来た人々が水や食料がないときにこの木の葉の根元をナイフなどで傷つけてそこから出てくる水を飲んで渇きをしのいでいたことからこの名がついたようです。

今では郊外に家々を建てる時、屋根や壁にこのトラベラーズツリーの葉を使っているそう。(下図)



そして最初に触れ合えたのは、施設の人が連れてきたカメレオン!マダガスカルと言えばカメレオンというくらい有名です。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。