ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi、ミッドレンジクラスなのに価格はほぼ1万円の「Redmi 4X」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Xiaomi は 2 月 28 日、中国で 699 元(約 11,400 円)からの安価なミッドレンジスマートフォン「Redmi 4X」を発表しました。Redmi 4X は、安さが売りの Redmi シリーズの最新作で、2016 年末に発売された Redmi 4 の下位モデルになります。Redmi 4X では 5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの液晶や Snapdragon 435 1.4GHz オクタコアプロセッサを搭載したほか、2GB RAM + 16GB ROM モデルと 3GB RAM + 32GB ROM の 2 モデルが用意されています。カメラは背面に 1,300 万画素(F2.0、PDAF 対応)と前面に 500 万画素(F2.2)を搭載。バッテリー容量は 4,100mAh で、スタンバイ時間は 18 日間だと言われています。このほか、背面に指紋リーダーを搭載しており、VoLTE やデュアル SIM・デュアルスタンバイに対応。NFC は非搭載です。Redmi 4X の価格は、16GB モデルが 699 元、32GB モデルが 899 元です。Soure : Xiaomi

■関連記事
Nokia 6のグローバルモデルが台湾で3月8日に発売
MWC 2017 : Wiko、ダブルレンズカメラを搭載した「WIM」を発表
セディナ、クレジットカードの請求額や利用明細を確認できるAndroidアプリ「セディナアプリ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。