体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法
生理の期間はその人の周期によって異なりますが、いつまでも出血が続く…なんてことがあると不安ですよね。

終わりかけでもなく通常の生理が8日間以上続く場合、身体の中では何が起こっているのでしょうか?

今回は、長期間続く生理の原因と症状を医師に解説していただきました。

目次

生理が長期間続いていると判断できる基準

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法

8日間以上続く場合は注意

生理の期間は女性によって、またその周期によって異なる場合がありますが、正常な生理の期間は3日から7日間とされています。この範囲を超えて、8日以上続く場合を過長月経と呼びます。

特に終わりかけの出血がいつまでも続く、といったことではなく、通常の生理の出血が8日間以上続くということであれば、何か異常が起きていると判断できます。

生理が長期間続く原因

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法
■ 排卵がきちんと起こっていない
■長期間少量の出血が続く場合、月経が来ているにも関わらず、排卵がともなわない無排卵性月経の可能性がある
■ 子宮内に子宮筋腫や子宮腺筋症などがあり、月経の量が多くなっている
■ ストレスなどからホルモンバランスの乱れなどが起こっている

生理が長期間続く場合に起こりうる症状

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法

貧血を起こしやすい

しっかりした量の生理の出血が正常範囲の期間を超えて続いている場合、出血が過多な状態になり貧血をきたす可能性があります。

生理の出血によって引き起こる貧血にともなって、以下のような症状が現れやすいといえます。

貧血による代表的な症状

■ 息切れ

■ 顔色が青っぽくなる

■ 動悸を感じる

■ めまい

■ 立ちくらみ

■ 耳鳴り

■ 身体の冷え

■ まぶたの裏が白っぽくなる

生理が長期間続く場合に行う検査

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法
血液検査によってホルモンの状態などを確認したり、貧血の状態を確認したりします。

また、エコー検査やCT検査、MRI検査といった画像検査を行って、過長月経の原因となるような例えば子宮筋腫や子宮腺筋症といった病態がないか、調べること場合があります。

加えて、排卵の状態を知るために、基礎体温を記録するように言われることも多いでしょう。

生理が長期間続く場合はどうすればよい?

生理が長期間続くのはどうして?隠れている疾患と正しい対処方法
生理が長期間持続するというのは、ナプキンやタンポンを使用する期間も長くなり、わずらわしいということももちろんありますし、下腹部痛や何とも言えないだるさなども持続する場合が多いです。

通常の生理の一日分の出血量が長期間続くならば、以下のようなことを行うと良いでしょう。

生理が長期間続く場合の対処方法

・早期に受診し原因の究明をする

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会