体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美しい海絶景にTシャツ!?砂浜美術館「Tシャツアート展」って?開催期間&見どころは?

美しい海絶景にTシャツ!?砂浜美術館「Tシャツアート展」って?開催期間&見どころは? 砂浜美術館「Tシャツアート展」

「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」

これは、高知県にある「砂浜美術館」のコンセプト。

ありのままの砂浜がそのまま美術館…このコンセプトをまさに実感できるのが、毎年5月のゴールデンウィークに開催される「Tシャツアート展」です。

全国からの公募作品をプリントした、約1000枚のTシャツが潮風に一斉にはためく風景は圧巻!青い海と空を背景に、初夏の日差しを浴びて踊るたくさんのTシャツ。

爽やかな現代アート、砂浜美術館・Tシャツアート展の魅力をご紹介します。

砂浜美術館ってどんなところ?

砂浜美術館

小鳥のあしあと、流れ着く貝がら…常設展示作品もたくさんあります。

「美術館」と聞けば、多くの方は「建物」をイメージするのではないでしょうか。

しかし砂浜美術館は、「考え方」の美術館。

自然の砂浜が美術館だとすると…今まで当たり前として何気なく見過ごしてきた自然の風景や文化、地域ならではの人々の営みが、まるで大切な何かを伝える「作品」のように見えてくるのです。

約30年前の誕生以来、たくさんの作品を共感・共有しながら、地元の人と来てくれる人、みんなの想像力で「砂浜美術館」は存在しています。

砂浜美術館「第29回Tシャツアート展」へでかけてみよう

開催期間 2017年5月3日 ~ 2017年5月8日

まるで浜辺の洗濯物のように、潮風にはためくたくさんのTシャツたち。

この一枚一枚には、全国のみなさんから応募された作品がプリントされています。人と自然で創るこのアート展は、時の流れとともに、さまざまな表情を見せてくれます。

Tシャツの風景の中を自由に行き交い、自分の作品を探したりお気に入りを見つけたり。

風にゆれるTシャツを眺めると、なんだか楽しくなってしまう。子どもも大人もみんながアーティスト、みんなが笑顔の美術館なのです。

期間中は、「ビーサン飛ばし大会」などのイベントも開催予定。特別に開局する「砂浜郵便局」、本物のポストも登場します。砂浜からのお便りもステキ。鑑賞だけでなく、「参加」も楽しいアート展なのです。

さらに、砂浜美術館の館長(実はクジラなのです!)に出逢う「ホエールウォッチング」もありますよ。砂浜美術館・Tシャツアート展 潮の満ち引きで表情の変わる砂浜美術館・Tシャツアート展の様子砂浜美術館・Tシャツアート展 人と自然で創るアート展。楽しむ人も作品砂浜美術館・Tシャツアート展

爽やかな5月の砂浜美術館には、初夏の日差しが降り注ぐ

地球と仲良しオーガニックコットンのTシャツアート展

また、このTシャツアート展のTシャツは全て、オーガニックコットンで作られた日本製というこだわりも光ります。

自然と共存する美術館は、その作品にも自然・地球への想いをのせて。世界で一つだけのオリジナルデザインのTシャツ作りを楽しみながら、世界や地球とのつながりも感じられたらいいですね。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会