体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【家族旅行】温泉はいつから?注意することは?旅行のプロがアドバイス!

【家族旅行】温泉はいつから?注意することは?旅行のプロがアドバイス! 家族旅行温泉

3児のママ編集者鳥井です。

日々子育てに追われ、「毎日のお風呂なんて子ども優先でゆっくりできない~!」なんて方も多いんじゃないでしょうか?もちろん私もその一人。ある一定期間仕事をすると、「もうそろそろ温泉旅行にでも入ってリフレッシュしたい!」という衝動にかられてきます。

だけど子ども連れの温泉は子どもがお風呂で暴れないか心配だし、赤ちゃん連れの温泉はいつから入れるのか、準備がいるのかなど不安もありますよね。

そんな疑問に、じゃらんで様々な旅先、宿を取材してきた旅行のプロとして、子どもと赤ちゃんと何度も旅行をしてきた経験者としてアドバイスしたいと思います。

家族旅行で温泉、赤ちゃんを入れても大丈夫?

赤ちゃんだから温泉に入れてはいけないということはありませんが、いろいろと気をつけなければならないことがあります。

赤ちゃんは皮膚がデリケートなので、刺激の強い泉質は避けたほうがいいです。日本では多い単純温泉のようなやさしいお湯ならママも不安なく入れられると思います。

▼妊婦も子どもも誰でも入れる「単純温泉」についてはこちら

http://www.jalan.net/news/article/11355/

クサいお風呂は嫌?入浴剤で事前確認。

家族旅行温泉

たまに子どもが嫌がるのがニオイのキツイ温泉。硫黄泉などは「クサイ~!」と言って入ってくれない事も。5歳にして鉄っぽいニオイの温泉が大好きというツワモノもいますし、黒湯のコーヒーのような色を怖がる子もいるようです。

我が家では事前に温泉の香りの入浴剤をお風呂に入れて「このお風呂好き?」と聞いてみたりしていました。

家族旅行で温泉に入れる時は温度や時間にも注意。

お湯の温度にも気をつけてください。過去の取材や経験で、大人でも熱く感じる温泉もたくさんありました。また、せっかくの温泉なのでゆっくり入りたいところですが、入浴は意外と体力を使うもの。子どもや赤ちゃんを長時間入れすぎないようにも気をつけましょう。

家族旅行でおすすめな貸切温泉・家族風呂

赤ちゃんの入浴は周囲の人への迷惑も心配。「おしっこしちゃった!」「びっくりして泣き止まない!」なんてこともあります。大浴場よりは貸切の家族風呂やお部屋の内湯が安心です。

ただし大浴場は温泉だけど家族風呂は普通のお湯というところもあるので、どうしても家族で温泉に入りたい場合は事前に確認しましょう。

家族で貸し切れる家族風呂はママが体を洗っている間子どもをパパに任せるなど協力してお風呂に入れる事ができるので負担が少なくてすむのも魅力です。

▼貸切風呂のある温泉宿はこちら

http://www.jalan.net/onsen/kashikiri/

小さな子どもがいる家族旅行では大浴場にはベビーバスやバスチェアがあるかチェック

お風呂が大浴場しかないという場合、自分でしっかり立てないお子さんや、おむつが外れていないお子さんを入れる時は注意が必要です。

そもそも「○歳以下の入浴禁止」や、「オムツが取れていない乳幼児の入浴は禁止」などの制限のある施設もあるので事前に確認しましょう。その場合ベビーバスが備え付けてあり、こちらを利用してくださいという施設もあるので事前に確認しておきましょう。大浴場にあるベビーバスとバスチェア

大浴場にあるベビーバスとバスチェア

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。