ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

玉置浩二、藤井フミヤら豪華出演者によるポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【billboard classics festival 2017】レポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
玉置浩二、藤井フミヤら豪華出演者によるポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【billboard classics festival 2017】レポート

 春の訪れを告げるポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【billboard classics festival 2017】。2月18日・19日、東京国際フォーラムを舞台に日本の音楽シーンに輝くアーティストたちとオーケストラによるまさに“極上のプレミアムサウンド”が誕生した。フェスティバルには、国内外で活躍する出演者による華麗な競演とともに総勢200名余におよぶ管弦楽、 合唱団が登場、大友直人の鮮烈な指揮によってポップス・ロックの名作群が新しい音楽の生命を纏って披露された。

 音楽祭の“序曲”は、玉置浩二が世界平和を祈念し作曲した管弦楽作品「歓喜の歌」。期待に胸を膨らませた5000人もの観客にフェスティバルの始まりを告げる。大友直人の巧みな指揮のもと、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏が響き渡る。続いて、ベートーヴェンの「田園」が軽やかに奏されると、その旋律に絡み合うようにあのメロディーがあふれ出す。玉置浩二の「田園」だ。ベートーヴェンに導かれ玉置浩二が登壇。その圧倒的な歌唱力と存在感で、観客を一気に釘づけに。今回のフェスティバルで初めての披露となった「清く正しく美しく」では、横浜少年少女合唱団との初共演が実現した。60名を超す子供たちによる、まさしく曲名そのものの澄んだ歌声は、玉置の感情豊かな歌をつつみこんだ。終盤は、オフマイクで少年少女たちのコーラスをリードするなど、新しい挑戦の中で見事な融和を生み出した玉置浩二。割れんばかりの盛大な拍手の中、颯爽とステージを後にした。

 2人目はボサノヴァの世界の女王、小野リサが登壇。囁くような歌声とギターの音色がオーケストラと絶妙にハーモニーを奏で、会場は柔らかな雰囲気に包まれた。優しい明かりに満たされたステージで歌われる「イパネマの娘」。会場は、管弦楽と呼応する安らかな小野リサの世界に浸りきった。

 そんな心地よい空間を一気に熱くしたのが、石崎ひゅーい。感情を込めた歌を全身で表現することで知られる気鋭のアーティスト。この日もマイクを両手で力強く握り締め、オーケストラアレンジで生まれ変わった「花瓶の花」と名作「傷心」を熱唱。情熱的に表情を変える照明に照らし出され、マイクに掴みかかり、感情を高ぶらせて、瞬きをも忘れる圧巻のパフォーマンスで聴衆に大きなインパクトを残した。

 第一部、最後のステージは福原美穂。実力派ゴスペルグループ、ソウルバードクワイアの80人を超すエネルギーの熱量に張り合う福原のヴォーカル。オーケストラの金管楽器が唸りを上げる「ライジング・ハート」が披露される。万華鏡のごとく輝くステージに、会場から自然と手拍子が沸き起こった。明るい祈りに満ちたゴスペルのスタンダード曲「Oh Happy Day」、大切な人へ向けて作曲したと福原が語るバラード「Thank you」と、“福原美穂×オーケストラ×クワイア”という贅沢な時間が、第一部の最後を飾った。

 休憩後、第二部が始まる。2月18日の公演では、笑顔で手を振りながら現れたのが槇原敬之。その温かな笑顔に、会場からも笑みがこぼれた。槇原がこの日披露したのは、1991年に発表された「Answer」。軽やかで自在な優しい歌声と、壮大なオーケストラの演奏に、会場は一音も聞き漏らさないよう、静かに聞き入った。自身が初めて恋愛をした時のストーリーを10代の時に書いたという想い入れの深い一曲。オーケストラとの競演で、その大切な一曲を歌う日を楽しみにしていたと語る槇原。ハートフルな昂揚感の中、温かい拍手に見送られて舞台を後にした。

 2月19日の第二部最初に舞台に上がったのは沖仁。躍動する沖のフラメンコギターと、ジャンベとカホンという打楽器を自在に操るホセ・コロンとのデュオで「禁じられた遊び」を披露。会場を南欧の風が吹きたてる管弦楽の響きが加わり、次の曲は「スペイン」。変幻を続ける、息をのむ展開の音の中、沖のギターが魔法のような超絶技巧を繰り広げ、全く新しい音楽の魅力に観客は引き込まれた。

 転換をはさみ、薄暗くなったステージに白いワンピース姿で現れたAimer。オーケストラとの初めての共演となったこの日、彼女の切ない歌声、その神々しささえ感じられるパフォーマンスに、観客は耳をそばだてた。「悲しみはオーロラに」「六等星の夜」などの楽曲が、管弦楽の導く音色と繊細な調和を生み出す。薄明りの間接的な照明の中、視覚的にもオーケストラと一体となった歌声、存在感は、フェスティバルの錚々たるアーティスト達の中でも特に色濃く、独自のミステリアスな世界観で会場を魅了した。

 そして尾崎裕哉。ついに永遠の名作、尾崎豊「I LOVE YOU」初のフルオーケストラ演奏が実現した。迫力と優しさが溢れ出る真っ直ぐな裕哉の歌声、フルオーケストラとの共演が初めてとは思えないほど堂々とした姿勢で、この往年の名曲を歌いきった。オリジナル楽曲「始まりの街」で示した“尾崎豊の息子”ではなく、“尾崎裕哉”というシンガーソングライターの存在。未来に向かって走り続ける“尾崎”の姿に、すべての観客が拍手とともにエールを送った。

 そして、凛とした佇まいで村治佳織が舞台に上がる。世界的ギタリストとして評される、その華麗な指使いでギターを奏でる姿に、観客は釘つけとなっていた。“ワールドワイド”なギター演奏とオーケストラがコラボレーションすると、音楽表現の幅がここまで広がるかということを魅せつけたステージとなった。フェスティバルの終盤を感じる中で、いつまでも聞いていたくなるような優雅な旋律、一音一音磨き抜かれた音の粒が、管弦楽の海の中でたゆたった。

 この音楽祭のトリに相応しく、最後に登場したのは藤井フミヤ。いつまでも色褪せることない傑作「TRUE LOVE」と「Another Orion」が、オーケストラアレンジによってより荘厳なラブソングとなり、聴衆は思わず息をするのも忘れて見惚れた。「トワイライト」では、ターンやステップを披露、観客もアップテンポな曲に合わせてリズムを刻んでいた。フェスティバル最後の一曲は、聴衆を魅了し続けるラブソングの名曲「夜明けのブレス」。伸びやかな歌声と幾重にも重なるオーケストラサウンドが続く、そして曲の終盤でビックサプライズが起こった。フミヤがマイクを外し、その生の歌声を東京国際フォーラムの大空間を隅々まで満たしたのだ。フミヤのまさに奇跡のパフォーマンスによってこの稀有な音楽祭は熱い感動の世界に包まれ、その大きな幕を下ろした。

◎公演概要
【billboard classics festival 2017】
2017年2月18日(土)・19日(日)
東京国際フォーラム ホールA

出演:
玉置浩二、小野リサ、福原美穂、Aimer、藤井フミヤ
スペシャルゲスト:
(2月18日)槇原敬之、村治佳織、石崎ひゅーい、尾崎裕哉
(2月19日)沖 仁、村治佳織、石崎ひゅーい、尾崎裕哉

指揮:大友直人
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:横浜少年少女合唱団(玉置浩二)、ソウルバードクワイア(福原美穂)

URL:http://billboard-cc.com/classics/

関連記事リンク(外部サイト)

安全地帯35周年&玉置浩二ソロ30周年記念オールタイムベスト2タイトルを同時リリース
常にミュージック・シーンを牽引し続ける玉置浩二が、大阪でプレミアム・ステージを2DAYS開催決定
新しい世界へと進化する玉置浩二&オーケストラ公演、東京2daysが終了

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。