体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

kippis初!食べ終わっても楽しめるポップな北欧食品

宝島社が開発・プロデュースする北欧発のライフスタイルブランド「kippis(キッピス)」と、食品メーカー「マルハニチロ」がコラボレーション!kippis初となる食品が誕生する。

5月1日(月)から北欧ソース5種類の瓶詰がお目見え。それに先駆けて、3月1日(水)より北欧缶詰2種類がテスト販売される。


5月1日(月)より、全国のライフスタイルショップで展開される北欧ソース5種類(各50g)は、“毎日の食卓を明るく”をコンセプトに、北欧になじみの深い食材を用いた、日本の食卓で楽しめる本格料理ソース。この北欧ソースを使用すれば、肉や魚などの食材に加えるだけで、メイン料理を手軽に作ることできる。

ラインナップは、「キャラメルシナモンソース」、「ルバーブアップルジャム」、「ソルティーレモンソース」、「クリーミーデミソース」、「サーモントマトソース」の5種類。

ソースの容器には、りんごやシロクマ柄といったkippisの人気柄が使われているので、食べ終わったあとも、イロイロな用途に使えそう!

今回、北欧ソースに先駆けて発売される「北欧缶詰」シリーズでは、「スモークサーモン(紅鮭燻製オイル漬)」と「サーモンオイル漬(紅鮭油漬)」各100g/650円(税抜)を用意。北欧になじみの深い食材が手軽に楽しめる。

毎日の食卓に、食べ終わっても楽しめる、ポップでおいしい北欧シリーズを取り入れてみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。