ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型オービスは生活道路で速度取り締まりも可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無人式の自動速度取り締まり装置であるオービスは、高速道路や幹線道路に固定されているため場所が容易に把握可能。一方で、生活道路での交通事故が後を絶たないという現状もあります。この事態を打開するために登場したのが、新型の「移動式オービスiM」です。

新型オービスは生活道路へ設置する

新型オービスは、海外製取り締まり機を国内メーカーが改良した固定式・半可搬式・可搬式の3タイプ。コンパクトなため、これまで装置の設置やネズミ捕りの実施が不可能だった場所でも取り締まりができるようになります。

このうち固定式の「移動式オービスiM」が2016年3月、埼玉と岐阜の一般道に設置されました。固定されているが移動は容易で、生活道路などへの設置が目的です。ドップラーレーダーで計測し、ライトや音声で警告します。

この新型オービスは上段がフラッシュ、中段がレーダー、下部がカメラという構成。縦に走る白い線がワーニングライトです。「クルマに注意して下さい」と歩行者に注意を促し、違反車両を撮影します。

可搬式の新型オービスは三脚で使用

新型オービスのベースはスウェーデン・Sensys Gatso Groupの「SWSS(Speed Warning Safety System」。沖電気工業が取り扱い、国内向けに改良しています。サイズ/重さは35W×78H×44Dcm/50kgです。

半可搬式の移動式オービスは、バッテリーを内蔵した台座の上に感知部を搭載するという形状。潜水艦の潜望鏡そっくりの感知部は、手動で上下に伸縮する仕組みです。画像記録の確認や保存は、付属のメンテナンスPCで行います。

可搬式の新型オービスは、ストロボと感知部をそれぞれ三脚に載せて使用するタイプ。分解して持ち運べるのが特徴です。また、ストロボと感知部が一体になって、三脚に乗せて使用するタイプも報告されています。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。