体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

○○を見るだけ!「短時間」でコミュニケーションがとれる“裏ワザ”とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第8回目は「短時間で信頼関係を築くコツ」についてです。

f:id:asukodaiary:20170223115809j:plain

「なぜかこの人と波長が合わない…」

「何となく話しづらい…」

「何度か会っているのにぎこちない…」

といった悩みをよく聞きます。

今までコミュニケーションの極意をお伝えしてきましたが、今回は「進化版」として、難しい練習もテクニックもいらない“特効薬”をご紹介します。

コミュニケーションの基本は「ボディランゲージ」

コミュニケーションには3つの要素があります。(メラビアンの法則)

7% ⇒ 言葉:話の内容

38% ⇒ 声の使い方:声のテンポ、トーン、大きさ、口調など

55% ⇒ ボディランゲージ:視線、ジェスチャー、呼吸など

この中で、もっとも影響を与えるのがしぐさやジェスチャー、視線などのボディランゲージ。

人は、共通点のある人や似た雰囲気の人を好きになるので、ボディランゲージをさりげなく合わせると好印象を持ってもらえます。

中でもカギを握るのは「呼吸」。相手の呼吸を観察して呼吸を合わせることで、「息が合う」ようになってきます。

ただし、実際にやるとなると、かなり難しいテクニック。

対面だと、相手の呼吸がほとんど確認できなかったりしますし、いつ息継ぎをしているのかもわからない相手も多いです。

私自身、いろんなペーシング(相手に合わせること)を試してきましたが、呼吸は一番難しいです。

しかし、それと同じ効果があって、しかもめちゃめちゃ簡単な方法を発見しました。

信頼関係を深めたい相手と話すとき、見るべきは「アゴ」

それは、相手に「アゴの動きを合わせる」というテクニックです。

私は過去、数万人の方にペーシングを伝えてきました。

私の営業研修を受けた方の中には、関東でベスト3に入ったとか、全国4万人中6位になったとか、大きな成果を出された方も数多くいます。

結果が出た方たちに、アンケートをお願いしたことがあります。

「教わったスキルで、特に印象に残っているものはなんですか?」

すると、ほとんどの方は次のように答えます。

「アゴのペーシングが衝撃的でした。いつも意識してやっています」

ほとんどの人は、話をするときに首が前後に動きます。

首を大きく振りながら話す人もいれば、ちょっとしか動かない人もいますが、いずれにしても、首を振るときのリズムに合わせて、自分も同じように首を振るだけでいいのです。

ほとんどの人は、話しながらうなずきます。

そのうなずくリズムに合わせて、自分もうなずくのです。

ではどうすれば相手のうなずくリズムに合わせられるのか?

そう、相手の「アゴ」の動きに合わせればいいのです。

とても簡単なようですが、セミナーで実習をしていただくと、意外とできない人が多いです。なぜなら、何年も何十年も動かしてきた自分のうなずき方をやめて、相手に合わせるのは難しいからです。

でも、普段からコミュニケーション上手な人は、すぐにやれてしまいます。

違いは観察力です。普段からうまい人は、相手がよく見えているのですね。

相手に合わせた「アゴ」の動かし方とは?

f:id:asukodaiary:20170224130041j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会