体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「こんな橋ならいらない」という住民も…それでも巻き込み“出島”に橋を!――出島表門橋架橋プロジェクト・渡邉竜一氏たちの挑戦

現在、長崎市で歴史的プロジェクトが進行していることをご存知だろうか。

そのプロジェクトの名は「出島表門橋架橋プロジェクト」。江戸時代と同じように出島と江戸町の間に再び橋を架けようというロマンあふれる事業である。前編では、プロジェクトの前に立ちはだかる2つの「大きな壁」について、また、世界的に前例のない橋の設計ができるまでの経緯について紹介した。今回は、その後「橋を架ける」までの、渡邉さんをはじめプロジェクトメンバーの奮闘について紹介しよう。

※【前編】<「2つの壁」を乗り越え、“出島”に再び橋を架けろ!――出島表門橋架橋プロジェクト・渡邉竜一氏たちの挑戦>はこちら

「架橋」を“お祭り”に

実は渡邉氏が尽力したのは、橋の設計だけではない。2015年秋に東京の設計チームと長崎のコンサルタントの6名で任意団体「出島ベース」を結成し、出島表門橋架橋プロジェクトに関するさまざまなイベントを企画、実施してきた。「出島ベース」の目的は、このプロジェクトを多くの町の人たちに知ってもらい、出島表門橋と江戸町側の公園ができるまでを1つの「お祭り」として楽しんでもらうこと。

「土木工事って巨額の税金を投じるので、世間的にあまりいいイメージがないですよね。でもその昔、東大寺大仏殿の屋根を支える長さ23.5mの虹梁が、鹿児島から海を越えて奈良まで運ばれました。その様子を描いた「東大寺大虹梁木曳図」を見ると、多くの見物客が工事を街のお祭りごとのように楽しんでいる様子が描かれています。この出島表門橋架橋プロジェクトも、このような楽しいお祭りごととして、町の人たちが受け入れて楽しんでくれれば、工事をする側もモチベーションが上がり、結果、よりいいものができると思うんです。作っているのは感情のある人間ですからね。橋の設計だけじゃなくて、そういう状況を作りたくて、出島ベースを立ち上げていろんな活動をしてきたんです」(渡邉氏)f:id:k_kushida:20170222162608j:plain

▲出島ベースのメンバーと来日したローラン・ネイ氏(写真中央)。仮囲いの前で

「こんな橋ならいらない」と罵声を浴びたことも

出島ベースの重要なミッションの1つは、渡邉氏とネイ氏が設計した出島表門橋のコンセプトを正しく伝えること。渡邉氏はこれまで幾度となく住民説明会やワークショップを開催してなぜこのような橋を設計したのか、設計に懸ける思いなどを繰り返し伝えてきた。

「このプロジェクトがスタートした当初から、特に地域の高齢者を中心に、鎖国当時の石橋を復元してほしいという声が根強くあります。しかし、先にも説明した通り(※前編参照)、その期待には応えることができません。まずはその事実を丁寧に説明した上で、なぜこういうデザインにしたのかを説明してきました。でも1番重要なのは、説明そのものより設計者が頻繁に顔を見せて信頼してもらうことだと思っています。その上で、様々な条件・制約の中で、今の技術でベストな橋を架けることが、僕らの使命だと思っているんです」

プロジェクトがスタートした当時は説明会の場で傍聴者から「昔の石橋を作ってほしい」「想像していた橋と違う」「こんな橋ならいらない!」などの罵声を浴びせられることもあった。新聞の投書欄にも「こんな橋にするという話は聞いてない」という声が掲載されたことも。しかし、渡邉氏たちは根気強く、地元住民と直接顔を合わせて、彼らの声に耳を傾け、言葉を尽くして語りかけてきた。

見るだけでワクワクするような仮囲い

また、出島ベースのメンバーで出島ポーズを考案。さらに、メンバーの1人でありグラフィックデザイナーの鈴木氏がプロジェクトのロゴを制作。「ポーズ」と「ロゴ」の2つを、このプロジェクトを広く社会に周知させるためのアイコンとした。そして、出島対岸の江戸町側、公園整備の工事現場に設置した全長300mの仮囲いに、156名もの老若男女が出島ポーズで撮影した写真と応援コメントを貼り付けた。通常の工事現場にある、白いだけの殺風景な仮囲いとは全く違う、見るだけでワクワクしてくる楽しい仮囲いが出現。これにより大勢の人々がこのプロジェクトを応援しているという雰囲気を醸し出すことに成功した。さらに、仮囲いが完成した際はイベントを開催し、参加した多くの市民と交流を深めた。f:id:k_kushida:20170222162721j:plain f:id:k_kushida:20170222162851j:plain

▲出島ポーズを取った多数の長崎市民とメッセージが貼り付けられた仮囲い

その他、町の飲食店でプロジェクトのミニレクチャーを実施したり、テレビ局主催の出島博に出演して出島ポーズを広めたり、活動資金を得るためTシャツや手ぬぐいを製作して販売したりと、さまざまな活動を展開。これら出島ベースの地道な活動を通して市民の意識にも徐々に変化が見られるようになってきた。f:id:k_kushida:20170222163012j:plain

▲出島博などのイベントでPR活動を実施

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。