ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

J・ティンバーレイク/スティング/J・ミッチェルら、【第89回アカデミー賞】パフォーマンスで売上増

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
J・ティンバーレイク/スティング/J・ミッチェルら、【第89回アカデミー賞】パフォーマンスで売上増

 ニールセン・ミュージックによると、2017年2月26日(現地時間)に開催された【第89回アカデミー賞】授賞式で披露された楽曲全体の売り上げが瞬時に伸びた。ABCで放映された当日(日曜日)、披露された7曲すべての米国内ダウンロード数は30,000回以上となり、前日の約10,000回から約206%の伸びを見せた。

 パフォーマンスが披露されたのは<主題歌賞>にノミネートされていた5曲(「オーディション」、「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」、「シティ・オブ・スターズ」、「ジ・エンプティ・チェア」、「ハウ・ファー・アイル・ゴー」)と、ビル・ウィザーズの「ラブリー・デイ」(「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」をオープニングで披露したジャスティン・ティンバーレイクが一部を歌った)とジョニ・ミッチェルの「青春の光と影/Both Sides, Now」(サラ・バレリスが授賞式の追悼コーナーで歌った)。

 セールスの合計にはミッチェルのオリジナル・ヴァージョンとジュディー・コリンズの人気カヴァー、『モアナと伝説の海』のサウンドトラックよりアウリィ・クラヴァーリョ版とアレッシア・カーラ版の「ハウ・ファー・アイル・ゴー」、スティングのソロ・ヴァージョンとスティングとJ・ラルフのコラボ版「ジ・エンプティ・チェア」、そして<主題歌賞>を受賞した「シティ・オブ・スターズ」(『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラックより)の複数のヴァージョンが含まれている。

 授賞式当日に最も売れたのはティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」で、約12,000回ダウンロードされた(前日は約4,000回)。「ハウ・ファー・アイル・ゴー」は両ヴァージョンの合計が約6,000回(前日は約4,000回)、「シティ・オブ・スターズ」は約5,000回(前日は1,000回)、「オーディション」は2,000回以上(前日は1,000回弱)まで増加した。「青春の光と影」(3,000回)、「ジ・エンプティ・チェア」(1,000回)、「ラブリー・デイ」(1,000回)はそれぞれ前日ほぼゼロに近い状態からの上昇だった。

 売り上げが伸びたのは披露された曲だけではない。6部門を制覇し、本年度【アカデミー賞】最多受賞を果たした『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラックが大ヒットしており、3ヴァージョンの合計ダウンロード数が約3,000回を記録した。

関連記事リンク(外部サイト)

『ムーンライト』が作品賞を手にした【第89回アカデミー賞】受賞者結果&パフォーマンス映像まとめ
【第89回アカデミー賞】最多6部門制覇『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラックが大ヒット中、豪華版も緊急デジタル配信開始
J・ティンバーレイク、【ソングライターの殿堂】入りしたマックス・マーティンを絶賛「彼よりもふさわしい人は世界中で誰もいない」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。